ネットワークカメラ推進会

ご意見・ご相談はtwitter(@NetworkcameraPC )へお願いします。記載している機器の仕様および操作手順には誤りがある場合がございます。必ずメーカー公式サイトをご確認願います。

AXIS 周辺保護システム インストール方法

カメラにアプリケーションを追加する

 

 近年、ネットワークカメラでは、単に映像を撮影し、録画するのではなくマーケティングや業務の効率化のツールとして活用されるようになった。顔認証システムや車番認識システム、人数カウントシステムなど、利用シーンは徐々に広がりを見せている。

 

 このように、利用シーンが拡大しているネットワークカメラにおいて、カメラ本体も進化を続けている。具体的には、カメラがアプリケーションのプラットフォームになろうとしている。

 

 例えば、アクシスコミュニケーションズのカメラにおいてはACAPという仕組みがある。ざっくりと説明すると、カメラ本体の中にアプリケーションをインストールする領域があり、カメラ本体に必要なアプリケーションを購入し、インストールすることができるのだ。

 

 従来、映像解析を行うソリューションを導入する場合、大規模なサーバーシステムを導入する必要があったが、昨今では、カメラ本体にアプリケーションをインストールし、必要な機能を追加することができるのだ。

 

 アプリケーションはアクシスコミュニケーションズの純正ソフトウェアもあれば、サードパーティー(開発パートナー)がリリースしたものも存在している。

 

f:id:networkcamera:20191009123242j:plain

 

周辺保護システム( AXIS Perimeter Defender)

 

 今回は、数あるアプリケーションの中でも周辺保護システム( AXIS Perimeter Defender)について説明しよう。このアプリケーションはざっくりと説明すると、『より高度な動体検知システム』である。

 

 例えば、工場などの敷地の周辺にカメラ複数を設置しておき、その施設に侵入してきたヒトや車両を検知することができる。従来の動体検知システムが『映像の差分』で検知していたのに対して、AXIS Perimeter Defenderでは、あらかじめヒトのサイズ(大きさ)を定義しておくことで、高度な検知ができるソリューションである。

 

www.axis.com

 

 実際のインストール方法について説明しよう。

  ※なお、以下の手順は筆者が実施した方法である。正確なインストール手順については、あくまでもメーカーのホームページを参照して欲しい。

 

カメラへのインストール方法

 

 まず、カメラの設定画面より『アプリ』→『その他のアプリを見る』を押下する。

 

f:id:networkcamera:20191009124207j:plain

 

 アクシスコミュニケーションズのサイトにジャンプするので、『アプリケーションギャラリー』を押下する。

 

f:id:networkcamera:20191009124549j:plain

 

 Countryのプルダウンメニューにて『Japan』を選択し、『Perimeter Defender』をクリックする。

 ※うまく探すことが出来ない場合は、Keyword検索するとよいだろう。

 

f:id:networkcamera:20191009124811j:plain

 

 画面右側の『試用ライセンス』の中の『こちら』をクリックする。

 

f:id:networkcamera:20191009125143j:plain

 

 1、購入した製品のシリアルナンバーを入力する。

 2、(今回は試用版を利用するため)trial licenseを選択する

 3、Perimeter Defenderを選択し、「Generate」Generateを押下する

 

f:id:networkcamera:20191009125542j:plain

 

 4、Download Lisence Keyボタンを押下し、ライセンスキーをダウンロードする。

   ※ダウンロードしたファイルはPCの任意の場所に保存する。

f:id:networkcamera:20191009130042j:plain

 

 ブラウザの『戻る』ボタンにて、Perimeter Defenderの製品紹介ページに戻り、今度は画面右上のDownload Softwareの『ダウンロード』ボタンを押下する。

 

f:id:networkcamera:20191009130500j:plain

 

 ダウンロードしたアプリケーションのインストーラーのアイコン上で右クリックし、『管理者として実行』を押下する。

 

f:id:networkcamera:20191009130937j:plain

 

 セットアップウィザードに従って、インストールを進めていく。

   ※一部の画面は省略した。

 

f:id:networkcamera:20191009131347j:plain

 

 インストール完了後に、アプリケーションを起動する。画面左上の「+追加」ボタンを押下する。カメラのIPアドレス、ユーザー名、パスワードを入力し、OKボタンをクリックする。 

  ※なお、この際、他のモーション検知などのアプリケーションがすでにインストールしていた場合、CPUの消費量が大きくなるため、停止することを推奨する。

 

f:id:networkcamera:20191009131909j:plain

 

 画面上にカメラの映像が表示されれば、カメラへの接続は完了である。

 

f:id:networkcamera:20191009132228j:plain

 

 画面左の『インストール』ボタンを押下し、『インストール』をクリックする。

  ※カメラ本体へのインストール作業が開始される。しばらく時間がかかるが、インストールが完了するまで待つ。

 

f:id:networkcamera:20191009132558j:plain

 

 ライセンスのファイルを参照の『+』ボタンを押下し、参照の上、先ほどダウンロードしたライセンスファイルを開く。

 

f:id:networkcamera:20191009133012j:plain

 

 『インストール』ボタンを押下する。

   ※ライセンスキーファイルがインストールされる。

 

f:id:networkcamera:20191009133203j:plain

 

 画面左の『インストール済』の数量が1となっている。これでカメラへのアプリケーションのインストール作業は完了である。

 

f:id:networkcamera:20191009133426j:plain


 今回は、アプリケーションのダウンロード方法からカメラへのインストール方法までを説明したが、次回の記事では具体的な設定方法やキャリブレーションの方法について説明したい。