ネットワークカメラ推進会

ご意見・ご相談はtwitter(@NetworkcameraPC )へお願いします。記載している機器の仕様および操作手順には誤りがある場合がございます。必ずメーカー公式サイトをご確認願います。

Digest認証とBasic認証

レコーダーやVMSにカメラが登録できない

 

 レコーダーや録画ソフトウェアがネットワークカメラの対応機種であるにもかかわらず、カメラの登録や録画ができないことがある。IPアドレスやユーザー名、パスワードは合っているのに、どうしても登録することができない・・・。 

 

 このような時なカメラの【認証形式】を変更すると、登録ができる可能性がある。

 

 

【Digest認証の場合】カメラを登録することができない

 

f:id:networkcamera:20200409135712j:plain

 

【Basic認証の場合】ONVIFでカメラを登録することができた

 

f:id:networkcamera:20200409140906j:plain

 

認証形式には2種類

 

 ネットワークカメラの認証形式には【Digest認証】と【Basic認証】の2種類がある。実際のユーザーの作業は『ユーザー名とパスワードを入力する』だけであるが、仕組みとしては、それぞれで異なった仕組みとなっている。

 

 まず、Basic認証の場合、ユーザー名とパスワードをBase64という変換方式を用いてデータ送信される。ざっくと説明すると、比較的、単純な認証方法だ。

 

 一方で、Digest認証の場合、ユーザー名とパスワードをハッシュ関数用いて解析されにくい状態で送信される。つまり、Digest認証のほうが、よりセキュアな状態で認証されているともいえる。

 

 ネットワークカメラの場合、工場出荷時ではDigest認証となっている場合も多い。しかしながら、サードパーティー製のレコーダーや録画ソフトウェアを利用する場合、Digest認証ではうまく認証ができないケースがある。

 その場合、認証形式をDigest認証からBasic認証へ変更すると、問題なく登録できるようになる。設定の変更方法について説明しよう。

 

認証形式の設定変更の方法

 

VIVOTEK製カメラの場合

 

 ビボテック製のカメラの場合、『構成』→『ネットワークカメラ』→『ストリーミングプロファイル』の設定で、プルダウンにてDigest認証かBasic認証か選択ができるようになっている。

 

 

f:id:networkcamera:20200409142143j:plain

 

 また、HTTPの認証形式だけでなく、RTSPの認証も変更する場合、プルダウンメニューで『RTSP』を選択し、認証形式を変更する。設定変更後は『保存』ボタンを押下する。

 

f:id:networkcamera:20200409142519j:plain

 

アクシスコミュニケーションズ製カメラの場合

 

 アクシス製カメラの場合、設定の階層がやや深いので注意が必要だ。まず、カメラにログインし、『プレイン設定』を選択する。

 

f:id:networkcamera:20200409143500j:plain

 

 『Network』を選択する。

 

f:id:networkcamera:20200409143735j:plain

 

 httpの認証形式にについて『Digest認証』『Basic認証』『Digest&Basic認証』のいずれかを選択する。選択後は、『保存』ボタンを押下する。

 

f:id:networkcamera:20200409144023j:plain

 

まとめ

 

  •  ネットワークカメラにはDigest認証とBasic認証の2種類がある。
  •  レコーダーや録画ソフトウェアにカメラの登録ができない場合、認証形式を変更することで解決することがある。