ネットワークカメラ推進会

ご意見・ご相談はtwitter(@NetworkcameraPC )へお願いします。記載している機器の仕様および操作手順には誤りがある場合がございます。必ずメーカー公式サイトをご確認願います。

WEBカメラとネットワークカメラシステムの違い

WEBカメラとネットワークカメラは違う!!

 

 昨今、新型コロナウィルスの影響もあり、WEB会議システムを活用し、テレワークを実施している企業も多いのではないかと思われる。筆者のこのサイトもWEB会議関連の記事の閲覧数が伸びている。世の中としてもWEB会議への注目が高まっているのであろう。

 

 ただし、誤解がないよう説明しなければならないが、一般的には『WEBカメラとネットワークカメラは似て非なるもの』である。

 それぞれの違いについて説明しよう。

 

f:id:networkcamera:20200413224406j:plain

WEBカメラとは?

 

 WEBカメラとは、一般的にはPCとUSBで接続して利用するカメラのことである。メジャーな製品としてはロジクール製などのWEBカメラがある。

 

       

 ※上記のURLはAmazonアソシエイトを利用しています。

 

 その他のメーカーとして、法人向けでは、AVERなどが筆者の推奨だ。CAM450では、光学16倍のズーム機能を搭載しているため、複数人での会議にも利用することができる。また、CAM340+など非常に広角なレンズのモデルもある。

 

  

 ※上記のURLはAmazonアソシエイトを利用しています。

 

 ただし、いずれの場合も、PCとはUSB接続となっていることが一般的だ。WEBカメラ自体には、WEBサーバー機能やネットワーク機能はない。WEBサーバー機能やネットワーク機能はUSBで接続したPCがその役割を担う。

 

ネットワークカメラとは?

 

 一方で、ネットワークカメラの場合、カメラ単体でもサーバー機能やネットワーク機能を保有している。言ってみれば、カメラ本体が1つの小さなコンピューターであるのだ。

 

 PCとは、HUBを経由してLANケーブルでデータの送受信を行う。カメラ本体にマイクやスピーカー機能を搭載しているモデルも存在している。近年では、カメラ本体に様々なアプリケーションをインストールできるような製品もリリースされている。

 

 

 

 しかしながら、一般的にはWEB会議システムでネットワークカメラを用いるケースは少ない。基本的にWEB会議システムでは、USB接続のWEBカメラが用いられるため、ネットワークカメラを利用するケースは少ないのだ。

 筆者もネットワークカメラは優れたインテリジェントな機能を保有しているが、WEB会議においては、単純なUSB接続のWEBカメラの方が設定面でも扱いやすいと感じている。

 

 ※例外的に、ジャパンメディアシステム社のLiveONなどは一部のネットワークカメラもサポートしている。

 

www.liveon.ne.jp

 

 まとめ

  •  WEBカメラとネットワークカメラは似て非なるものである。
  •  WEBカメラはPCとUSB接続させるものであり、ネットワーク機能やWEBサーバー機能は保有しない。
  •  WEB会議においては、WEBカメラを用いられるのが一般的であり、ネットワークカメラが利用されるケースは少ない。