ネットワークカメラ推進会

ご意見・ご相談はtwitter(@NetworkcameraPC )へお願いします。記載している機器の仕様および操作手順には誤りがある場合がございます。必ずメーカー公式サイトをご確認願います。

IPアドレスを2つ保有するレコーダーのメリット

IPアドレスを2つ保有するレコーダー

 ネットワークカメラ用のレコーダーには、IPアドレスを1つだけ設定できるモデルと2つのIPアドレスを設定できるモデルが存在する。IPアドレスを2つ設定するメリットとしては、「カメラ用のネットワーク」と「業務用のネットワーク」を分けてシステムを構築できるという点である。

 

f:id:networkcamera:20181212235956j:plain

 ネットワークカメラシステムはカメラ台数が多くなればなるほど、ネットワークへの負荷が大きくなる。常に大容量データが流れると、業務ネットワークに何らかの悪影響が発生してしまう恐れがある。そのため、カメラの台数が多い場合は、業務に影響が出ないようネットワークを分けることが望ましいと考えられる。

しかし、業務用とカメラ用でネットワークを分けてしまうと、当然ながら業務用のPCからはレコーダーの映像を閲覧することはできない。通常は、別途、カメラ閲覧用のPCを設置するか、レコーダーの設置場所まで行って映像を確認する必要がある。

これを解決するのが、レコーダーにIPアドレスを2つ保有できる機能である。レコーダーにIPアドレスを2つ設定することができれば、<1つめのIPアドレス>をカメラ用ネットワークにしておき、<2つ目のIPアドレス>を業務用のネットワークに参加することができる。

このような構成にしておけば、業務用のPCからも必要に応じてレコーダーの映像を閲覧できるのである。

なお、レコーダーによってIPアドレスを1つしか設定できないモデルと2つ設定できるモデルがあるため、事前に確認が必要だ。