ネットワークカメラ推進会

ご意見・ご相談はtwitter(@NetworkcameraPC )へお願いします。

LANケーブルを100m以上配線する場合

ネットワークカメラの弱点の1つとしてLANケーブルの長さが100mまでという制限がある。

アナログカメラの場合、同軸ケーブルを利用して配線を行うが、5C2Vで500m・3C2Vで300m程度の配線も可能であるため、実はLANケーブルの方が配線できる距離は短い。

大きな工場や施設の場合、配線距離が長くなると途中でHUBを設置する必要がある。

 

 

しかし、実際の設置現場においては途中に電源がなく、HUBを設置することが困難な場合も多い。

そこで活用するのが、PoE延長装置(PoEエクステンダー)同軸ケーブルへの変換装置である。

このような装置を利用すると、100m以上の配線が可能となる。イメージとしては下記の図だ。

いくつか商品を紹介しておく。

 

①LANケーブル延長装置

https://hytec.co.jp/products/poe/maxiicopper-vi2300a.html

 

TLCモデム(LANケーブルから同軸ケーブルへの変換)

http://www.sun-ele.co.jp/products/poe-tlc_b_release/

 

同軸ケーブルに変換ができるタイプの装置は、アナログカメラからネットワークカメラへの入れ替えを行う際に既存で配線されている同軸ケーブルを再利用する場合にも活用可能だ

※ただし、既存の同軸ケーブルが痛んでいる場合は適切に通信ができないリスクがあるため、事前の検証が望ましい。

なお、各メーカーの製品ごとに、カメラに供給できる電源の能力が異なるため、選定時は仕様の確認が必要となる。

一般的なネットワーク構築でLANケーブルが100mを超える場合、メディアコンバーターやスイッチのSFPポートを利用して光ケーブルを配線するケースも多いかと思うが、上記のような延長装置があることも参考にして欲しい。