ネットワークカメラ推進会

Network camera promotion and communication

HP ENVY X360 13 -ar0000 レビュー

HP ENVY X360 13の購入目的

 

 今回の記事は、ネットワークカメラと直接的な関係はないが、検証用PCとしてHP ENVY X360 13を購入したので、そのレビューを行う。今後は、このPCをメインに各種の動作検証を実施していきたい。以前、利用していたPCはどうしてもスペック不足のところがあったため、買い替えることにしたのだ。

 

 筆者が購入したのは、HP ENVY X360 13のラインアップの中でも、RYZEN7を搭載したモデルである。メモリは16GB、SSDは512GBだ。グラフィックスの性能としては、RADEON RX VEGA10である。一般的には、ネットワークカメラシステムの場合、インテル製のCPUを推奨しているケースが多いが、AMDのRYZENシリーズでも動作できるかどうか検証を行うためにも、このモデルを選定した。

 なお、カラーはブラックモデルを選んだが、納期は約1か月もかかった。同品の購入を検討している方は早めに発注することを推奨したい。

 

  (※上記URLはAmazonアソシエイトを利用しています。)

 

HP ENVY X360 13の開封と感想

 

 早速、HP ENVY X360 13の開封をしていこう。

 

f:id:networkcamera:20200402005522j:plain

 

  同梱品としては、電源アダプターのほか、以下の写真のような操作ガイド(HPパソコンナビ)も付属されていた。PCの操作に慣れていない方も安心して利用することができるだろう。

 

f:id:networkcamera:20200402005725j:plain

 

  ボディーは、アルミ削り出しで、本当にカッコいいデザインだ。筆者も事前に、家電量販店でいくつかのメーカーのPCをチェックしたが、デザインがよくて、コスパが非常に高いのはHP ENVY X360 13であると感じた。

 

 ディスプレイが非光沢ではなく、光沢になっている。賛否両論あるかと考えられるが、筆者のようにネットワークカメラの映像をより美しく表現したい場合には、光沢ディスプレイのほうが適している。

 

f:id:networkcamera:20200402010046j:plain

 

 X360という商品名の通り、ディスプレイを360度くるっと回転させて、タブレットモードとして利用することもできる。正直、あまり使うことはないかもしれないが、YouTubeなど動画を閲覧する際はタブレットモードも使いやすいかもしれない。

 

 HP ENVY X360には13インチと15インチのモデルがあるが、筆者はより持ち運びやすい13インチモデルを選択した。13インチだと、持ち運びして、タブレットとしても活用できるだろう。 

 

f:id:networkcamera:20200402010830j:plain

 

 付加価値としては、キーボードを光らせる機能も保有している。手元が暗い場所でもタイピングすることができる。

 

f:id:networkcamera:20200402011345j:plain

 

 さらに、セキュリティ機能として、指紋認証によるログインにも対応している。筆者はこれまで何台かノートPCを購入してきているが、過去購入したモデルの中では、最も質感が良い印象を受けた。

 

惜しいところ

 

 とはいえ、まったく不満がないわけではないので、ENVY X360 13の惜しいところも記載しておく。

 

キーボードの配列に違和感がある

 

 まず、これは他のレビューなどでも指摘されていることであるが、キーボードの配列に若干、違和感を感じる。『deleteキー』がキーボードの最も右上に配置されており、押し間違うことがある。

 

 とはいえ、これは”慣れの問題”であると思われる。最初こそ違和感を感じたものの、すぐに慣れることができた。

 筆者にとってはキーボードの押し心地もかなり良い。タイピングしやすい印象だ。

 

ファンクションキーの設定変更が必要

 

 ENVY X360を購入して、すぐに設定変更をした点が『ファンクションキー』である。工場出荷時では、ファンクションキーではなく、PCの設定用のボタンとなっている。例えば、筆者はf8で半角に変更するケースが多いのであるが、標準では『音の調整ボタン』になっている。f8を押下すると、音量が大きくなってしまうのだ。正直、これはめちゃくちゃ使いにくかった。

 

 上記については、購入後、すぐにBIOSで設定変更を行った。

 以下の通り設定すると、通常のファンクションキーに設定変更することができる。

 

 1.電源起動時に【f10】を連打し、BIOSの設定画面を開く

 

 2.『Configration』を選択する

 

 3.『Action Key Mode』を『Enabled』から『Disabled』に変更する

 

 4.『Exit』で設定変更内容をSaveする

 

 この設定変更さえ行えば、通常のキーボードと同様にファンクションキーとして利用することが可能だ。

 

まとめとして

  • ENVY X360 13はデザインが非常にカッコいい!!
  • ディスプレイを回転させて、タブレットモードにすることもできる
  • 惜しいところとしては、キーボードの配列にやや違和感がある
  • 購入後、ファンクションキーの設定変更を推奨したい

 

 一部、惜しいところはあるものの、筆者は、この価格帯のモデルの中では、最高にカッコいいPCだと感じている。モバイルPC(またはLaptop)を検討しているユーザーは、ENVY X360 13も選択肢の1つにしてはいかがだろうか。