ネットワークカメラ推進会

ご意見・ご相談はtwitter(@NetworkcameraPC )へお願いします。記載している機器の仕様および操作手順には誤りがある場合がございます。必ずメーカー公式サイトをご確認願います。

手動録画(マニュアル録画)とは?

手動録画(マニュアル録画)とは何か?

 

 ネットワークカメラの録画方式には、常時録画やスケジュール録画、モーション検知録画のほかにも『手動録画またはマニュアル録画』という機能がある。

 これは、録画したいときに『録画開始』のボタンを押すと、録画が開始され、録画の終了も都度、手動で行うものである。あまり利用しない機能ではあるが、特定の用途では重宝されるため紹介しておこう。

 

f:id:networkcamera:20200405000123j:plain

 

 システムケイ社のNVR-204 MkⅡの場合、ライブ映像の右上の『手動録画』ボタンを押下すると、録画が開始される。停止する場合も、同じボタンを押下すると、録画が停止する。

 

f:id:networkcamera:20200405000503j:plain

 

  または、レコーダー本体の物理ボタンとして『Record』と記載されたボタンがあり、これを押下することで録画を開始することも可能だ。録画を停止させる場合は、もう一度、押下する。

 

手動録画の利用シーン

 

 手動録画またはマニュアル録画のユースケースは、『必要な時だけ録画したい場合』である。例えば、会議室や応接室だ。

 

 会議室や応接室は24時間、人が出入りしているわけではない。何らかのMTGや接客を行う時のみ利用される。そのため、常時録画をしておく必要はないのだ。

 会議が始まるときに録画を開始し、会議が終了すれば録画を停止すればよい。これにより、必要最低限のHDD容量で運用することができる。

 また、録画映像を再生する場合も、映像を探しやすくなる。

 

応接室を録画したいという要望

 

 ネットワークカメラを導入するユーザーの中でも、『会議室や応接室を録画したい』というニーズは比較的、多い。例えば、悪質なクレーマーへの対応である。

 どんな業種にもクレーマーはいるかと思われるが、あまりにも悪質なクレーマーの場合、業務への支障が発生してしまう。また、会話内容で『言った、言わない』のトラブルに発展することもある。

 このようなトラブルが発生した場合に『きちんと説明したことをエビデンスとして残すため』にマイク付きで導入されるケースが多いのだ。

 

手動録画の注意点

 

 ただし、この手動録画機能には、レコーダーやソフトウェアにより、時間の制限がある場合もあるので注意してほしい。例えば、録画ソフトの中には手動録画は『最大300秒(5分)だけ録画ができる』など、時間の制限があるケースもある。

 

 手動録画を目的にレコーダーを導入する場合は、時間の上限があるかどうかを確認しておくとよいだろう。NVR-204 MkⅡは原則として、時間を気にせずに手動録画を行うことが可能だ。

 

まとめとして

 

  • ネットワークカメラには、常時録画やモーション検知録画のほかにも、手動録画またはマニュアル録画という機能がある。
  • この機能を利用すると必要な時だけ録画することができ、最小限のHDD容量で運用することができる。
  • 会議室や応接室などで、悪質なクレーマーへの対策として音声も併せて録画を行うケースが多い。