ネットワークカメラ推進会

ご意見・ご相談はtwitter(@NetworkcameraPC )へお願いします。記載している機器の仕様および操作手順には誤りがある場合がございます。必ずメーカー公式サイトをご確認願います。

VIVOTEK VDAPとは?

カメラにアプリケーションを追加できる

 

 VIVOTEKのネットワークカメラ関連製品の一部には、アプリケーションをインストールできる領域が存在している。オープンなプラットフォームとして、開発ツールを公開しており、サードパーティーのベンダーがアプリケーションを開発することも可能だ。

 

 アクシスコミュニケーションズがACAPというブランドで、カメラにアプリケーションを追加できるプラットフォームを公開しているように、VIVOTEKでは、VDAPというブランドで開発プラットフォームを公開しているのだ。

 

 昨今、ネットワークカメラは単純に『録画して再生する』という用途だけではなく、非常にインテリジェントな機能を搭載してきているのだ。人数カウントやヒートマップ、高度なモーション検知がその一例である。

 

www.vivotek.com

 

カメラにアプリケーションをインストールする

 

 実際に、VIVOTEK社のカメラにアプリケーションを追加してみよう。まず、以下のURLよりVIVOTEK社のアプリケーションをPCにダウンロードする。今回は、試しに『ディープラーニングVCA-スマートモーション検知』と記載されたアプリケーションをインストールしてみることにした。

 

www.vivotek.com

 

 『アプリケーション』メニューで『パッケージの管理』を選択する。

  

f:id:networkcamera:20200326144526j:plain


 パッケージをアップロード画面にて、先ほど、ダウンロードした『VCA-6.1.11.tar.tzg』というファイルを参照し、アップロードする。

 

f:id:networkcamera:20200326144330j:plain


 『Deep Learning VCA』というアプリケーションがインストールされた。 

 

f:id:networkcamera:20200326145042j:plain

 

 今回は、アプリケーションのライセンスがないため、このままでは利用することができないが、このように任意でアプリケーションをインストールして、様々なインテリジェントな機能を追加することが可能だ。

 アプリケーションは有償のものもあるため、追加購入が必要である。

 

 様々なアプリケーションのイメージとして、以下のURLのイメージ動画を参照して欲しい。動画は、流通小売業向けのアプリケーションの一例である。

 

youtu.be

 

まとめ

 

  • ネットワークカメラは単純に録画することだけではなく、様々なアプリケーションをカメラにインストールすることができる。
  • VIVOTEK社の場合、VDAPというブランドでプラットフォームを公開している。
  • 人数カウントやヒートマップ、高度なモーション検知機能などがリリースされている。