ネットワークカメラ推進会

ご意見・ご相談はtwitter(@NetworkcameraPC )へお願いします。記載している機器の仕様および操作手順には誤りがある場合がございます。必ずメーカー公式サイトをご確認願います。

AXIS ネットワークストレージに映像を保存する

AXIS製ネットワークカメラは、エッジストレージ機能を利用すると、SDカードまたはNAS(ネットワークストレージ)に、映像を保存することが可能だ。

その設定方法について説明する。

 

NAS側の設定

通常は、NASに共有フォルダを作成するが、今回はNASではなくPCに共有フォルダを作成する。

デスクトップ上で右クリックをして「新しいフォルダ」を作成する。今回は試しに、<shere>という名称を付けた。

 

Windowsの設定で共有フォルダの設定を行う。

 

カメラ側の設定

ブラウザを起動し、http://<カメラのIPアドレス> を入力してカメラ本体に接続する。

 

 

画面右下の「設定」ボタンを押下する。

 

「システム」→「ストレージ」の順番でアイコンをクイックする。画面中央のネットワークストレージの「設定」ボタンを押下する。

 

 

ホスト: NAS(またはPC)のIPアドレスを入力する。

共有: デスクトップ上に作成した共有フォルダの名称や階層を入力する。

ユーザー名: フォルダに接続可能なユーザー名を入力する。

パスワード: ユーザーのパスワードを入力する。

※入力後、「接続」ボタンを押下する。

※今回はWindowsのデスクトップ上に共有フォルダを作成したため、Windowsのユーザー名とパスワードを入力した。

※なお、ファイアウォールやセキュリティの設定によっては正しく接続ができない可能性があるため、ファイアウォールの開放をする必要がある。

 

適切に、カメラからネットワークストレージがマウントできた場合は、上記のような表示となる。

 

録画のテスト

カメラのトップページに戻り、録画のテストを行う。

 

ライブ映像の表示画面の左下にある「ストレージのアイコン」をクリックする。先ほど、設定した通り、ネットワークストレージがカメラで認識されていることを確認する。

 

画面左下の「赤い●」ボタンを押下すると、録画が開始され、マウントしたストレージに録画データが保存される。また、続けて「■黒い四角」ボタンを押下すると、録画が停止する。

 

録画映像を再生する場合は「録画を表示…」ボタンを押下する。

 

再生をしたい時間帯のデータをクリックすると、録画映像の再生が可能だ。

 

指定した日時の録画映像が再生される。

 

ストレージに保存された動画の生データを再生する

※AXIS社では基本的に、NASやSDカードに保存されたデータは、カメラ本体のブラウザ画面や専用のソフトウェアを利用して再生することを推奨しているが、動画の生データを再生できる場合もある。

PC(NAS)に作成したフォルダを開いてみると<カメラのシリアル名><日付><時刻>などのフォルダ階層が作成されていることが分かる。

 

フォルダの最下層には【MKV】というファイルが保存されている。

 

MKV】形式の動画ファイルはWindowメディアプレイヤーなどで再生が可能だ。

 

※再生ができない場合は(http://www.axis.com/)のソフ トウエアツールのダウンロードページより、「AXIS Matroska File Splitter」をダウンロードすると良い。

https://www.axis.com/ja-jp/support/downloads/axis-matroska-file-splitter

 

録画の再生方法(応用編)

なお、今回の記事では細かい設定方法については割愛するが、このNASやSDカードへの録画の方法は手動録画だけでなく、様々なトリガーにより録画を開始することが可能だ。

※例えば、下記はセンサーでインプットの反応があった場合に録画を開始する設定例である。センサーで検知する5秒前から5秒後までの録画を設定した。

AXIS製ネットワークカメラは、SDカードはもちろん、ネットワークストレージの録画データを保存することができるため、簡易的な録画が可能だ。是非、試して欲しい。