ネットワークカメラ推進会

ご意見・ご相談はtwitter(@NetworkcameraPC )へお願いします。記載している機器の仕様および操作手順には誤りがある場合がございます。必ずメーカー公式サイトをご確認願います。

SK VMS 録画の設定を行う

SK VMSで録画の設定を行う

 

 前回の記事では、SK VMSでライブ映像のレイアウト作成などについて説明したため、今回の記事では録画の設定・再生方法について説明したい。

 

 ※なお、繰り返しとなるが、あくまでも筆者の勉強のために記事にしている。筆者の手順は間違っている可能性があるため、正確な設定方法についてはメーカーのマニュアルを確認して欲しい。

  

f:id:networkcamera:20200613231928j:plain

 

  録画の設定を行いたいカメラ上で右クリックし、『カメラ設定』を押下する。

 

 

f:id:networkcamera:20200613232534j:plain

 

 『○録画』のスライドボタンを右側にスライドさせる。録画を行うためには、プログラムのライセンスを保有しておく必要がある。今回は試用版でアクティベーションを行う。画面右上の『ライセンスアクティベート』を押下する。

 

f:id:networkcamera:20200613232752j:plain

 

 トライアル版でアクティベートを完了させると、30日間の録画が可能である。

 

f:id:networkcamera:20200613232118j:plain

 

 常時録画をさせたい場合は、常時録画をさせたい時間帯をマウスで選択する。上記の画像の場合、午前1時~午後22時まで録画する設定となっている。

 設定後は適用ボタンとOKボタンを押下する。

 

 ※なお、『25中』と記載されているが、これはフレームレートと画質を示している。25FPSで、画質が中品質で録画しているということである。

 ※スケジュールの設定はカメラ1台ずつ設定するのではなく、他のカメラに対してまとめて適用することも可能である。

 

f:id:networkcamera:20200614014827j:plain

 

 モーション検知録画をさせたい場合は『モーション検知のみ』または『常時低+モーション検知高解像度』を選択する。『常時低+モーション検知高解像度』を選択しておくと、モーション検知をしたところだけ高画質で録画するようである。録画容量を抑えながら、必要なところはキレイに録画することが可能だ。

 また、モーション検知の何秒前~何秒後(プリレコーディングとポストレコーディング)の設定を入れておく。

 

f:id:networkcamera:20200614015037j:plain

 

 モーション検知を設定する場合、モーションタブにてモーション検知の『感度』を設定する。おそらく、感度を高くすると誤検知が多くなり、感度を低くすると検知の取りこぼしが増えると思われる。

 

f:id:networkcamera:20200613233030j:plain

 

 録画が開始されると、左側のカメラが表示されているところが赤い●で表示されるため、非常にわかりやすい。

 

f:id:networkcamera:20200614000125j:plain

 

 録画を再生する場合、画面下側に、タイムバーが表示されるので、閲覧したい時間帯を指定して再生すればよい。タイムバーはマウスのスクロールで時間の間隔を長くしたり、短くしたりすることが可能だ。

 

 ※なお、筆者のPCは、あくまでも検証用となっており、事前に適切なサーバーのHDDの設定をしていないため録画されなかった。

 ※システムケイ様のデモサイトもあるので、実際の操作感を確認したい人は以下のURLを参照して欲しい。

 

sk-vms.systemk.co.jp