ネットワークカメラ推進会

ご意見・ご相談はtwitter(@NetworkcameraPC )へお願いします。記載している機器の仕様および操作手順には誤りがある場合がございます。必ずメーカー公式サイトをご確認願います。

タイムサーバーとは?

レコーダーの時刻のズレ

ネットワークカメラシステムを導入後、思わぬトラブルに遭遇することがある。

それは「録画装置の時刻がズレる」という問題である。

 

ネットワークカメラシステムは、インターネット環境に接続されているケースもあれば

インターネットに接続されていない場合もある。

問題となるのは「インターネットに接続されていない環境の場合」だ。

 

サイバー攻撃などのリスクを軽減する目的として、ネットワークカメラシステムであってもインターネットに接続しないオフライン環境下で導入するケースも少なくない。

しかし、オフライン環境下の場合「レコーダーの時刻がズレる」という問題に遭遇することがある。

一般的な時計を想像してもらうとわかりやすいが、電波時計などのように定期的に時刻を補正する機能がない場合、徐々に時間のズレが発生する。これと同じ現象が、ネットワークカメラのレコーダーでも発生するのである。

 

時刻のズレが発生した場合、各レコーダーのマニュアルに従って、時刻を再設定すればよいのだが、この作業には十分に注意が必要だ。

 

あまりにも大幅に時刻の修正を行った場合、「時刻がズレた分、録画データが消失」したり、最悪の場合「録画データを参照できなくなるリスクが発生」する。

 

タイムサーバー

このようなトラブルを回避する目的として、タイムサーバーがある。

(※NTPサーバーと呼ばれるケースもある。)

 

GPSやFMの電波で正しい時刻を取得し、各ネットワーク機器の時刻を補正可能な装置もある。正しい時刻による記録を希望するユーザーは導入を検討したい。カメラやレコーダーは定期的に、タイムサーバーと時刻を同期させることで正しい時刻を維持することが出来る。

 

※なお、インターネット環境に接続されているレコーダーであれば、ntp.nict.jpなど一般的に公開されているタイムサーバーと時刻を同期することが可能なため、タイムサーバーは必須ではない。

 

タイムサーバーの選定方法

タイムサーバーによっても、時刻の取得方法はさまざまなパターンが存在する。

 

GPSで適切な時刻を取得するタイプ

例えば、下記のような製品である。

 シチズンGPSタイムサーバー(TSV-400GP

http://tic.citizen.co.jp/timeserver/

インターネットがない環境下でも、適切な時刻が得られる。ただし、GSPを受信するアンテナを屋外または窓際などに設置しなければ、適切に信号を受信できないため、設置場所に制限がある。

 

②FM電波でな時刻を取得するタイプ

例えば、下記のような製品である。

  セイコーソリューションズ 小型SNTPサーバー NaviClock SN-1010

http://www.grasphere.com/products/detail.php?id=199&cid=6

GSPが受信できないような環境でも、FMの電波により正しい時刻の取得が可能であるため、

屋外や窓際にアンテナを設置することができない場合は、こちらの製品を選定したい。