ネットワークカメラ推進会

ご意見・ご相談はtwitter(@NetworkcameraPC )へお願いします。記載している機器の仕様および操作手順には誤りがある場合がございます。必ずメーカー公式サイトをご確認願います。

WJ-NX200 サブモニタを活用する

サブモニタ(マルチモニタ)とは?

今回はパナソニック製のレコーダー  WJ-NX200のサブモニタ機能について紹介する。

近年、ネットワークカメラ用のレコーダーにも、RGBやHDMIケーブルを差し込み、PCレスで映像を表示できるモデルが増えてきているが、ほとんどの場合、表示可能なモニタの枚数は1枚までとなっている。

もし、仮にモニタを2台構成にしたい場合、PCを1台追加する必要があった。

例えば、下記のようなイメージだ。

f:id:networkcamera:20181212235111j:plain

※モニタAとモニタBに同じ映像を表示させる場合は、HDMI分配器などでも対応可能であるが、上記のようにモニタAで録画映像を再生しながら、モニタBでライブ表示をさせる場合、PCを追加する必要があった。これがコスト増の要因となっていた。

しかし、WJ-NX200の場合、HDMIの出力ポートが2つあり、PCがなくでもモニタ2枚に表示することができる。HDMIの出力ポートが2つあるのだ。下記のようなイメージである。

f:id:networkcamera:20181212235115j:plain

なお、映像出力端子としてBNC(同軸)も利用することができる。

注意点としては、サブモニタ(モニタB)は、あらかじめ設定されたライブ映像のみ表示できるもので、録画映像の再生や設定などができるものではない。

また、上記の情報はWEBサイトのデータを基に作成したものであるため、詳細なシステム設計については各ベンダーに確認して欲しい。