ネットワークカメラ推進会

Network camera promotion and communication

VIVOTEK NVR(ND9312)の初期設定

HDDの装着方法

 

 今回は、VIVOTEKのレコーダー(ND9312)を個人輸入したので、その設定を行っていく。近年、中国製のネットワークカメラ製品群について情報セキュリティ上の脆弱性が懸念される中で、台湾製のVIVOTEKが相対的に評価を高めているように感じている。

 

 実際に、レコーダーを開封していこう。

 

f:id:networkcamera:20201109211256j:plain

 

 外箱は、上記のように非常にコンパクトだ。

 

f:id:networkcamera:20201109211441j:plain

 

 同梱品は、レコーダー本体、操作用マウス、電源ケーブル、HDD固定用金具、説明書となっている。

 

f:id:networkcamera:20201109231144j:plain

 

 レコーダーのカバーを開けると、上記のような状態となっていた。中身は非常にシンプルで、CPUがついたメインボードからSATAケーブルが伸びた状態となっている。ファンなども付属しておらず、ファンレスとなっている。

 筆者は、HDDが装着されていないモデルを購入したため、自分自身でHDDの装着が必要だ。モデルによってはHDDが装着済のタイプもある。

 

f:id:networkcamera:20201109212010j:plain

 

 メインボードの裏はこのようになっていた。非常にシンプルだ。

 

f:id:networkcamera:20201109212221j:plain

 

 SATAケーブルをHDDに結線し、HDDを装着する。プラスドライバーで簡単に作業することができた。

 

f:id:networkcamera:20201109212408j:plain

 

 最後に、カバーを閉じて準備完了だ。

 

 

管理者パスワードの変更

 

 ブラウザでレコーダーに接続し、初期パスワードを変更する。

 デフォルトのIPアドレスはDHCPとなっているようなので、『shepherd』にてレコーダーのIPアドレスを検索する。

 

www.vivotek.com

 

f:id:networkcamera:20201109214142j:plain

 

 『shepherd』を起動させて、現在のIPアドレスを確認する。

  ブラウザのアドレスバーに http:// IPアドレス を入力し、レコーダーに接続する。

 

f:id:networkcamera:20201109214407j:plain

 

 管理者パスワードを新しく設定する。

  ※管理者(admin)のパスワードは8文字以上で設定する必要がある。

  ※日本語への設定変更は行っていなかったが、自然と日本語表示となった。

 

f:id:networkcamera:20201109214523j:plain

 

 トレンドマイクロのIoTセキュリティサービスに『同意する』を押下する。

 

f:id:networkcamera:20201109214653j:plain

 

 これで、管理者パスワードが変更された。

 

IPアドレスの設定方法

 

 続いて、レコーダーにIPアドレスを割り当てする。

 

f:id:networkcamera:20201109214931j:plain

 

 『ネットワークカメラ』→『IP』の順に選択する。IP設定がデフォルトでは『DHCP』となっているので、これを『手動設定』に変更し、任意のIPアドレス/サブネットマスク/デフォルトゲートウェイ/DNSサーバーを入力する。

 

 入力後は『適用』ボタンを押下する。

 

HDDのフォーマット

 

 続いて、挿入したハードディスクが認識されているかどうかチェックする。

 

f:id:networkcamera:20201109220240j:plain

 

 『ストレージ』→『ストレージ』の順番に押下し、HDDが認識されているのかどうかチェックする。今回は1TBのHDDを挿入していたが、問題なく、931GB分が認識されていることがわかる。

 

f:id:networkcamera:20201109222551j:plain

 

 画面左上の『+』ボタンを押下する。

 

f:id:networkcamera:20201109222714j:plain

 

 このレコーダー ND9312は、HDDが1本しか挿入できず、RAID1の構成ができないため、プルダウンメニューで『シングルディスク』を選択し、『作成』ボタンを押下する。

 

f:id:networkcamera:20201109222913j:plain

 

 ボリュームの作成が開始された。

 

f:id:networkcamera:20201109223042j:plain

 

 『フォーマット』ボタンを押下し、HDDをフォーマットする。

 

f:id:networkcamera:20201109223212j:plain

 

 HDDのフォーマットが完了するまで待つ。

 

f:id:networkcamera:20201109223352j:plain

 

 これでボリューム1に1TBのHDDが認識され、フォーマットされた。これで準備完了だ。

 

f:id:networkcamera:20201109220530j:plain



 念のため『検証』ボタンを押下し、『高速S.M.A.R.T』ボタンをクリックした。これで、簡易的にHDDの健康状態をチェックすることが可能だ。

 

f:id:networkcamera:20201109221206j:plain



 簡易チェックではあるが、いちおう『合格』することができた。

 

最後に

 

 今回は、レコーダーの開梱からHDDの装着までを実施した。VIVOTEKのレコーダーは、非常にコンパクトで初期設定も非常に簡単な印象だ。

 動作も特にもっさりとした感じはなく、サクサクと動作することができた。

 

 次回は、カメラの登録や録画の設定などを行っていきたい。