ネットワークカメラ推進会

ご意見・ご相談はtwitter(@NetworkcameraPC )へお願いします。記載している機器の仕様および操作手順には誤りがある場合がございます。必ずメーカー公式サイトをご確認願います。

VIVOTEK VAST2 録画データをバックアップする

無料版でありながら非常に多機能

 

 VIVOTEK製のネットワークカメラを利用するユーザーはVAST2という録画ソフトウェアを利用することができる。VAST2は、VIVOTEK製カメラ32台以内であれば無料で利用ができるソフトウェアだ。

 (他社製のカメラを登録する場合は、別途、有料ライセンスが必要となる)

 

 無料の録画ソフトウェアでありながら、32台もカメラの録画を行うことができ、さらに非常に多機能である。ネットワークカメラシステムに必要な機能は、ほぼすべて網羅されていると言っても過言ではない。

 

 今回はその中でも、録画データのバックアップ機能について説明したい。

 

録画データのバックアップ機能を設定する

 

 録画データのバックアップ機能を設定する手順は以下の通りだ。

 

f:id:networkcamera:20200531170421j:plain

 

 設定画面より録画のメニューの中から『バックアップ』を選択する。

  

f:id:networkcamera:20200531170643j:plain

 

 『+新しいストレージ』を押下する。

 

f:id:networkcamera:20200531184959j:plain

 

 外部にあるNASか、ローカルのストレージを選択する。

  ※今回は、Eドライブにバックアップすることにした。

 

f:id:networkcamera:20200531185306j:plain

 

 バックアップ対象とするカメラを選択する。

  ※今回はカメラ1台のみしか登録していない。

 

f:id:networkcamera:20200531185644j:plain

 

 バックアップを行うスケジュールを設定する。

 ※off dutyを選択すると、勤務時間外の夜間にバックアップする設定となる。

 ※録画をしながらバックアップ動作を行うと、録画サーバーに負荷がかかる可能性があるため、上記のように業務時間外など、サーバーの負荷が発生しない時間帯に実行することを推奨したい。

 

f:id:networkcamera:20200531185831j:plain

 

 バックアップを行う際に、アップロードの容量制限を設ける場合は、上限のチェックボックスにチェックを入れる。

 ※デフォルトでは、30Mbpsが制限となっていた。

 ※バックアップ元で何日前の映像をバックアップするのかを選択する。

 ※容量に応じてデータを削除する場合は、『利用可能なストレージ領域が不足する場合、古いバックアップを削除してください』のチェックを入れる。 

 

 

f:id:networkcamera:20200531190534j:plain

 

 バックアップ動作を開始させたい場合は、バックアップの有効化のスライドボタンを有効化する。

 

  設定完了後は『適用』ボタンを押下する。これでバックアップの設定は完了だ。

 

まとめとして

 

 このような録画データの自動的なバックアップ機能については、一般的なレコーダーでは機能として実装していないケースも多い。

 VAST2は無償ソフトウェアであるにもかかわらず、バックアップ機能を保有しているため、録画データを損失させたくないユーザーは設定しておくと良いだろう。