ネットワークカメラ推進会

ご意見・ご相談はtwitter(@NetworkcameraPC )へお願いします。記載している機器の仕様および操作手順には誤りがある場合がございます。必ずメーカー公式サイトをご確認願います。

VAST2 録画映像の再生

通常の録画再生

 

 今回の記事では、VIVOTEK社のVAST2の録画映像の再生方法について説明していきたい。繰り返しの説明となるが、VIVOTEK社のVAST2はフリーウェアであるにも関わらず、VIVOTEK社製のカメラであれば、32台まで録画することができるソフトである。機能も非常に豊富で効率的な録画の再生が可能である。

 

 まずは、通常の再生方法である。通常の常時録画した映像を再生したい場合、ライブ映像の右上にある『▲』ボタンを押下する。

 

f:id:networkcamera:20200325143919j:plain


 すると画面下側にタイムバーが表示されるので、マウスで目印の位置を戻したり、進めたりすることで過去の映像を参照することができる。1倍~64倍速までの早送りや早戻しにも対応している。

 

f:id:networkcamera:20200325144101j:plain

 

 もちろん、カレンダーから再生したい時刻を指定することも可能だ。

 

f:id:networkcamera:20200325144824j:plain

 

 また、画面右下にある矢印のボタンを押下すると、指定した時間帯の映像を書き出すことも可能だ。

 ※デフォルトでは3GPというファイル形式で書き出しすることができた。

 

f:id:networkcamera:20200325144715j:plain

 

サムネイルによる録画の再生

 

 サムネイル画像による録画の再生を行う場合、画面右上の『サムネイル検索』を押下する。

 

f:id:networkcamera:20200325145302j:plain

 

 指定した時間帯のサムネイル画像が一覧で表示される。

 

f:id:networkcamera:20200325145418j:plain

 

 画面上の再生ボタンを押下すると、選択したサムネイル画像から瞬時に再生することが可能だ。

 

f:id:networkcamera:20200325145817j:plain

 

スマート検索

 

 モーション検知を利用したスマート検索による再生を行いたい場合、事前に、モーション検知録画を設定しておく必要がある。設定画面より『カメラ』を押下する。

 

f:id:networkcamera:20200325150106j:plain

 

 モーション検知を設定したいカメラを選択し、動体検知の『□有効』のチェックボックスにチェックを入れる。チェック後は『適用』ボタンを押下する。

 

f:id:networkcamera:20200325150236j:plain

 

 スマート検索を行う場合、映像の右上にある『スマート検索』を押下する。

f:id:networkcamera:20200325150851j:plain

 虫眼鏡のマークを押下すると、モーション検知が発生した箇所のサムネイル画像が表示される。画像を押下すると、画面右側に実際にモーション検知を行った際の映像が再生される。

 

f:id:networkcamera:20200325151117j:plain

 

 大きい画面で再生することも可能だ。スマート検索による再生を活用すると、動きや変化が発生した箇所だけを効率的に探し出し、再生することができる。

 

f:id:networkcamera:20200325151420j:plain

 

まとめ

 

 VAST2は通常の時間帯による再生だけではなく『サムネイル画像による再生』や『スマート検索(モーション検知による再生)』にも対応している。

 サクサクと動作することができ、とてもフリーソフトとは思えない機能の豊富さと快適さを保有している。

 VIVOTEKのカメラを利用しているユーザーは録画ソフトウェアとしてVAST2を活用するのも良いだろう。