ネットワークカメラ推進会

ご意見・ご相談はtwitter(@NetworkcameraPC )へお願いします。記載している機器の仕様および操作手順には誤りがある場合がございます。必ずメーカー公式サイトをご確認願います。

PCを自動的に再起動させる

PCを再起動させる必要性

 

 前回の記事でネットワークカメラシステムにおける厄介なトラブルの1つに、PCがフリーズしてしまうことがあることについて説明したが、今回は、その対策の1つであるPCを定期的に再起動させる方法について説明を行う。

 

 つまり、指定した時間(例えば、夜中)などに、PCを再起動させることでリフレッシュさせて、不具合の発生を軽減させるのである。

 

 もちろん、管理者が手動で定期的に再起動させればよいのであるが、情報システムの管理者がいない企業においては、しばしばシステムが導入後に放置されがちである。このような場合に、PCの自動的な再起動は有効である。

 

 なお、注意点としては、PC(Windows)にパスワードを入力しなくても起動できるような設定も合わせて行うため、セキュリティ対策上はやや脆弱になる可能性がある。

 

 とはいえ、常時起動させているPCであれば、パスワードを入力させても、させなくてもあまりセキュリティ上のリスクは変わらないため、システムの不具合を予防する観点ではPCの自動的な再起動は有効である。

 

 ヒトもシステムも1日1回はリフレッシュする時間があった方が良いのだ。

 

f:id:networkcamera:20191208205302j:plain

タスクスケジューラで再起動を設定する

 

 まず最初に、PCのタスクスケジューラで再起動の設定を行う。『コントロールパネル』→『管理ツール』→『タスクスケジューラ』の順番で設定画面を開く。

 

f:id:networkcamera:20191208205923j:plain

 

 『操作』から『基本タスクの作成』を選択する。

 

f:id:networkcamera:20191208210058j:plain


 

 名前に適当な名称を入力し、説明にもその目的や内容を記載しておく。今回は名前は『reboot』と入力し、説明に『深夜1時に再起動する』と入力した。

 

f:id:networkcamera:20191208210334j:plain

 

 いつタスクを開始しますか?の選択肢で『〇毎日』を選択し、『次へ』をクリックする。再起動をさせたい時間を入力し、間隔を『1日』で設定する。

 ※以下の場合、夜中の午前1時に毎日、再起動を行うように設定している。

 

f:id:networkcamera:20191208210752j:plain

 

 『プログラムの開始』を選択し、『プログラム/スクリプト』に【shutdown】と入力する。また、『引数の追加』に【/r /f /t 0】と入力する。

 

f:id:networkcamera:20191208211902j:plain

 

 最後に、設定内容を確認し『完了』ボタンを押下すると、設定は完了である。

  ※以下を見ると、深夜1時に毎日、PCが再起動することが確認できる。

 

f:id:networkcamera:20191208212004j:plain

 

自動的にログインできるようにする

 

 続いて、Windowsでパスワードを入力しなくても、自動的にログインができるように設定をする。Windowsの検索画面で『netplwiz』と入力する。

  『netplwiz(コマンドの実行)』ボタンを開き、設定画面を開く。

 

f:id:networkcamera:20191208212356j:plain

 

 ユーザーアカウントの設定画面を開き、『□ユーザーがこのコンピュータを使うには、ユーザー名とパスワードの入力が必要』のチェックボックスを外す。

 続けて、ユーザー名とパスワードを入力し、OKボタンを押下する。

 

f:id:networkcamera:20191208212814j:plain

 

ビューワーソフトを自動的に起動させるようにする

 

 続いて、指定したアプリケーション(ビューワーソフト)をWindowsにログインした後に、自動的に起動するように設定する。Windowsシステムツールの中の『ファイル を指定して実行』を開く。

 名前に【shell:startup】と入力し、OKボタンを押下する。

 

f:id:networkcamera:20191208213251j:plain

 

 C:\Users\<ユーザー名>\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\Startupのフォルダが表示される。

 

 このフォルダの中に、自動的に起動させたいアプリケーション(ビューワーソフト)のショートカットをドラッグ&ドロップで投げ入れる。

 もし、ビューワーソフト以外にも一緒に起動させるアプリケーションがあった場合は同じように、このフォルダ内に投げ入れるとよい。

 

f:id:networkcamera:20191208213830j:plain

 

ビューワーソフトの設定(参考)

 

 また、ビューワーソフトの種類によっては、ビューワーソフト側の設定でも、ログイン時の自動起動を設定する項目があるものもある。これも忘れず設定しておきたい。

 

 ※以下はAXIS Camera Stationの設定画面であるが、『クライアント』→『カスタマイズ』→『一般』の設定の中に「Windowsの起動時にアプリケーションを起動」のチェックボックスがあるため、これにチェックを入れておく。

 

f:id:networkcamera:20191208214433j:plain

 

動作確認の重要性

 

 最後に、指定した時刻で自動的にPCが再起動し、ビューワーソフトが立ち上がるかどうかテストを行う。きちんと設定を入れたつもりでも、うまくビューワーソフトが起動しなかったり、設定が反映されていないこともあるため、設定後は必ず、テストを行うことを強く推奨したい。

 動作テストまでが設定である。

 

 

 今回は、タスクスケジューラを利用して、再起動を行う設定方法を説明したが、タスクスケジューラを利用すると、再起動以外にも色々なアプリケーションを自動的に実行させることが可能である。

 

 データのバックアップや動作チェック、時刻の同期など、タスクスケジューラは何かと便利な機能であるため活用していきたい。