ネットワークカメラ推進会

ご意見・ご相談はtwitter(@NetworkcameraPC )へお願いします。

Windows10Proを仮想化する

仮想化の必要性

 筆者のPCはWindows10のPro版であるが、Pro版の場合、PCを仮想化し、異なるOSをインストールすることができる。(Win10のHOME版ではできない。)今回は、Windows10で仮想化に挑戦をしてみる。

 

 なお、なぜ仮想化をすることになったかというと、既存の環境では動作検証に限界があったためだ。筆者のPCには、様々なメーカーのカメラのVMSやビューワーソフトがインストールされているが、結果として異なるソフトウェアが競合し、うまく動作しないケースがある。本来は、システム毎にPCやサーバーを購入して動作環境を構築したいところではあるが、残念ながらそのような費用はない。仮想化することで、他のシステムに影響をせずに動作検証の環境を構築できるため、仮想化を行うことにした。

 ※なお、VMSなどでは仮想化を推奨していないケースもあるため、実際の導入時には注意して欲しい。今回は、あくまでも検証環境の構築のため仮想化する。

 

仮想化の手順

Hyper-Vを有効化する

 まず、最初にHyper-Vを有効化する必要がある。Windows10では、仮想化することが可能であるが、デフォルトでは仮想化ソフトが無効化されているため、これを有効化する。

 

①コントロールパネルの中の「プログラムと機能」を押下する。

f:id:networkcamera:20190203134454j:plain

 

②「Windowsの機能の有効化または無効化」を押下する。

 

f:id:networkcamera:20190203134557j:plain

 

③「□Hyper-V」のチェックボックスにチェックを入れて、OKボタンを押下する。

f:id:networkcamera:20190203134805j:plain

 

④機能の有効化にはしばらく時間がかかるが、完了するまで待つ。

 完了すると、いったんPCを再起動する。

f:id:networkcamera:20190203134918j:plain

 

Hyper-Vの管理ツールがインストールされた。

 今回は設定が簡単だと思われる「Hyper-V クイック作成」を起動した。

f:id:networkcamera:20190203140644j:plain

 

 ⑥今回は、Windowsでテスト環境を構築したかったので、Windows 10 dev enviromentをインストールすることにした。

 上記のほか、Linex系のUbuntuなどもインストールできるようである。

 

f:id:networkcamera:20190203141403j:plain

 

約14GB分のダウンロードが必要となるため、完了するまでひたすら待つ。

f:id:networkcamera:20190203141556j:plain

 

イメージ アーカイブからディスクを抽出しています…という表示に変わった。
 ※これもかなり時間がかかるが、完了するまで待つしかない。

f:id:networkcamera:20190203150632j:plain

 

 ⑥ようやくすべての作業が完了した!

 「接続」ボタンを押下し、仮想上のWindowsを起動する。

f:id:networkcamera:20190203152210j:plain

 

ちなみに「設定の編集」ボタンを押下すると、仮想OSに割り当てするリソース(メモリ等)を調整することもできる。

 ※今回はデフォルト値のままとした。

 ※筆者のPCは仮想環境を構築するのにはリソース不足であることは認識しているが、あくまでも検証なのでご理解いただきたい。

f:id:networkcamera:20190203152501j:plain

 

Windowsを起動する。

f:id:networkcamera:20190203152728j:plain

 

筆者のPCのリソースが少ない(スペックが不足している)ためか、初回起動時はかなり時間がかかった。

 (※実はこの時点でブログ記事を書き始めてから2時間近く経過している。)

f:id:networkcamera:20190203153537j:plain

 

Just a momentの表示に切り替わった。

(ちょっとどころじゃなく、かなり時間がかかる)

f:id:networkcamera:20190203154111j:plain

 

⑧言語の選択ができるため「日本語」を選択する。

f:id:networkcamera:20190203154345j:plain

 

⑨キーボードの配列についても選択が可能である。

 ※日本語配列(Japanese)を選択した。

f:id:networkcamera:20190203154639j:plain

 

⑩追加のキーボードの設定をスキップすると、以下のようにセットアップが進む。

f:id:networkcamera:20190203154837j:plain

 

利用規約に合意し、進める。

 ※筆者は、英語非対応のためまったく翻訳できない。

f:id:networkcamera:20190203154947j:plain

 

⑫MSのアカウントでログインする画面が表示される。

 ※いくつかのアカウントで試したが、ログインすることができなかった。

  どうやら個人向けのアカウントでは対応できないようである。

  そのため、今回は左下の<Domain join instead>をクリックした。

f:id:networkcamera:20190203155617j:plain

 

⑬パスワードなどを設定していく。

f:id:networkcamera:20190203155909j:plain

 

⑭プライバシーの設定のようであるが、筆者は英語非対応なので、とりあえず「Accept」と「Next」で進めていく。

f:id:networkcamera:20190203160005j:plain

 

⑮ようやくインストールに成功した!

 ※あとは、日本語表示に変えていくと便利であろう。

f:id:networkcamera:20190203160814j:plain

 かなり時間がかかったが、これで仮想環境にWindowsがインストールできたので、VMSかなにかをインストールしてみたいと思う。

 

なお、筆者のPCはスペックが低いのか、ホストOS側ではサクサク動くが、ゲストOS側ではかなりもっさりした動作となった。何か改善すべき点があれば教えて欲しい。