ネットワークカメラ推進会

ご意見・ご相談はtwitter(@NetworkcameraPC )へお願いします。記載している機器の仕様および操作手順には誤りがある場合がございます。必ずメーカー公式サイトをご確認願います。

AXIS ダイナミックDNSの設定方法

無償のダイナミックDNSサービス

AXIS製ネットワークカメラでは、無償のダイナミックDNSサービスを利用することができる。

外出先(インターネット環境)からカメラの映像を閲覧する場合、基本的には「AXIS Companion」というアプリケーションを利用することを推奨しているが、環境によってはダイナミックDNSサービスを利用した方が利便性が高いことがある。例えば、複数人で共有して、カメラの映像を閲覧するケースだ。

 

「AXIS Companion」の場合、セキュリティ上のリスクは低いが、一方で上記URLのようにクライアント端末1台1台にアプリケーションをインストールして、設定を行う必要がある。そのため技術者の作業負荷は大きい。

複数人で1台のカメラを共有して閲覧するようなケースでは、ダイナミックDNSサービスの方が設定の手間は少ない。カメラとルーターさえ設定しておけば、一般的なブラウザでカメラに接続することが可能だ。本記事では、AXISカメラのダイナミックDNSの設定方法について説明する。

 

 

旧ユーザインタフェースへの接続

まず、PCでブラウザを起動し、AXISのネットワークカメラに接続する。この際、通常の設定画面ではなく、以前のファームウェアの設定画面に接続する必要がある。旧ユーザーインターフェースへの接続方法は下記の通り、アドレスバーに入力する。

 

http:// カメラのIPアドレス/index.shtml

 

カメラの管理者IDとパスワードを入力し、OKボタンを押下する。

 

以前のカメラのファームウェアと同じ設定画面を表示させることができる。

 

画面右上の「Setup」ボタンを押下する。

 

BasicSetupの「2 TCP/IP」ボタンをクリックし、画面下側のAXIS Internet Dynamic DNS Service「Settings… 」ボタンをを押下する。

 

「Register」ボタンをクリックする。

 

メッセージが表示されるので「OK」ボタンを押下する。

 

AXISのサイトでダイナミックDNSの登録を行う

Serial numberの欄に「カメラのシリアル番号」を入力し、「Proceed」を押下する。

 

規約が表示されるので「I agree」をクリックする。

 

画面中央の「Permanently register my product」をクリックする。

 

 

MyAxisのメールアドレスとパスワードを入力し、ログインする。

 

「Advanced settings 」をクリックする。

 

ダイナミックDNSのアドレスとして利用したい「任意の文字」を入力し、「Save Settings」を押下する。これでWEBサイト上での設定は完了となる。

 

これで今後、ブラウザを起動し、アドレスバーに「http://任意の文字.axiscam.net」と入力するとインターネット上からカメラに接続することが可能となる。

 

なお、ダイナミックDNSを設定し、しばらくすると接続ができなくなることが起きたが、「 Enable automatic updates to AXIS Internet Dynamic DNS Service」のチェックボックスにチェックを入れると、接続ができるようになった。

 

ルーターのポート開放(上手くいかない場合)

うまく接続できない場合、ルーターのポート開放が適切に設定できていない可能性がある。

ポート開放の設定方法については、各ルーターのメーカーや機種によって異なる。

他のサイトであるが、YAMAHA社の設定に関するリンクを貼っておく。

http://www.obenri.com/_nvr500/ip_masquerade.html