ネットワークカメラ推進会

ご意見・ご相談はtwitter(@NetworkcameraPC )へお願いします。記載している機器の仕様および操作手順には誤りがある場合がございます。必ずメーカー公式サイトをご確認願います。

SK VMS スマートフォンから閲覧する

固定IP(またはダイナミックDNS)が不要

 

 今回も前回に引き続き、SK VMSの紹介を行う。前回の記事をご覧いただいていない方は、まずは、以下のURLをご覧いただきたい。

 

www.networkcamera.work

 

 今回、SK VMSの機能の中でも特に紹介したいのが『スマートフォンからの閲覧』である。通常のレコーダーのケースでは、外出先から閲覧する場合、固定IP(またはダイナミックDNS)が必要となる。一般的には、ルーターのWAN側に固定IPを割り当てたうえで、ポートフォワーディングとファイアウォールの除外設定を入れなければならない。

 

 しかしながら、SK VMSの場合、固定IPやダイナミックDNSは不要なのだ。SK VMS用のアカウントを登録するだけで、外部のモバイルアプリからサーバーの映像を閲覧することが可能だ。

 

 正確な仕組みは筆者も知らないが、おそらく中継サーバーのようなもので、サーバーとスマートフォン(またはモバイルPCなど)と接続させているものと想定される。

 ※以下はあくまでも筆者が考えたイメージ図である。

 

f:id:networkcamera:20200301011325j:plain

アカウントの作成方法

 それではスマートフォンからの閲覧について、実際に検証を進める。

  ※なお、以下の方法は筆者が今回実施した方法である。正確な設定・操作方法についてはメーカー公式サイトをご覧いただきたい。

 

sk-vms.systemk.co.jp

 

 『システムアドミニストレーション』の画面を開く。

 

f:id:networkcamera:20200301012633j:plain

 

 『SK Cloud』の設定画面を開き、『SK Cloudアカウントの作成』を押下する。

 

f:id:networkcamera:20200301013045j:plain

 

 システムケイのホームページに飛ぶので、メールアドレスやパスワードを入力する。

  ※入力後、メールが送信されるのでアクティベーションを行う。

 

f:id:networkcamera:20200301013802j:plain

 

 サーバーをクラウドに接続する。

  ※先ほど作成したアカウントのメールアドレスとパスワードを入力する。

   これで事前準備は完了だ。

 

f:id:networkcamera:20200301014736j:plain

 

モバイルアプリのインストール

 

 Android端末の場合、Google Playで『SK VMS』で検索し、モバイル用のアプリケーションをインストールする。

 

f:id:networkcamera:20200301020941j:plain

 アプリケーションを起動し、右上の『SK Cloudに接続する』をタップする。

 事前に作成しておいたアカウントのメールアドレスやパスワードを入力する。

 

  f:id:networkcamera:20200301021303j:plain

 サーバーに接続すると、実際にライブ映像を確認することができた!!

 

f:id:networkcamera:20200301021704j:plain

まとめ

 

 一般的なレコーダーでは、固定IPやダイナミックDNSの契約が必要となるため、セキュリティ上のリスクが発生するほか、設定の手間も発生する。

 しかし、SK VMSの場合、非常に簡単なアカウントの作成と紐付けだけで、外出先から映像を閲覧することができる。

 

 最近では、新型コロナウィルスなどの影響もあり、モバイルワークが推奨されているが、このような仕組みを利用すれば、現地に向かわなくても遠隔でモニタリングすることができる。是非、試してみて欲しい。