ネットワークカメラ推進会

ご意見・ご相談はtwitter(@NetworkcameraPC )へお願いします。記載している機器の仕様および操作手順には誤りがある場合がございます。必ずメーカー公式サイトをご確認願います。

AXIS Site Designer 2(アクシスサイトデザイナー)新機能の使い方

アクシスサイトデザイナー2がより使いやすく進化した

 

 AXIS Site Designer 2とは、アクシス製ネットワークカメラのシステム設計を簡単に行うことができるツールである。撮影する距離などからカメラを選定することができる。また、付随するオプション品やレコーダーなども選択することが可能だ。

 アクシスサイトデザイナー2については、以前、以下のURLで説明したので参照して欲しい。

 

www.networkcamera.work

 

 今回は、このアクシスサイトデザイナー2がさらに進化したとの情報をキャッチしたため、新機能について説明していきたい。

 

 地図(マップ)機能の使い方

 

 今回、新機能として地図(マップ)の機能が追加されたので使い方を説明していきたい。最初に、アクシスサイトデザイナー2を起動し『新しいプロジェクト』を作成する。作成後、『地図』を選択する。図面をアップロードするために『サインイン』を押下する。

 

f:id:networkcamera:20200324191858j:plain

 

  MyAxisのアカウントのメールアドレスとパスワードを入力し、『Submit』を押下する。

 

f:id:networkcamera:20200324192056j:plain

 

 画面右にある『新しいマップの追加<+>』のボタンを押下する。

 

f:id:networkcamera:20200324192315j:plain

 

 『見取り図のアップデート<上>』を押下する。

 

f:id:networkcamera:20200324200023j:plain

 

 PC内のデータから図面データを選択する。

 

f:id:networkcamera:20200324192642j:plain

 

 任意の名前を入力し、『新しいマップの追加』を押下する。

 

f:id:networkcamera:20200324192803j:plain

 

  2つの赤い目印の間の距離を入力する。今回の場合、2つの目印の間を3.60mと設定した。

 

f:id:networkcamera:20200324193155j:plain

 

 『ドラッグまたはクリックして新しいカメラを追加します』を押下する。

 

f:id:networkcamera:20200324193402j:plain

 

 必要と考えられるカメラの画角や被写体までの距離などを入力し、最適なカメラを選択する。

 

f:id:networkcamera:20200324193549j:plain

 

 今回は、M3065-Vを選択した。カメラの画像の上で左クリックし、『追加』ボタンを押下する。

 

f:id:networkcamera:20200324193815j:plain

 

 画面右側に表示されたカメラをドラッグ&ドロップで図面上に配置する。青い線の上でクリックし、撮影範囲や角度を調整する。

 

f:id:networkcamera:20200324194357j:plain

 

 ブロックラインのボタンを押下する。

 

f:id:networkcamera:20200324194814j:plain

 

 あくまでも一例であるが、ブロックラインとして、撮影する部屋の外周をラインで囲うようにする。

 

f:id:networkcamera:20200324195005j:plain

 

 これで本来は撮影ができない部分をカットすることができた。あとは、この作業をカメラの台数分、繰り返すだけである。

 

f:id:networkcamera:20200324195201j:plain

 

 画面右下にある印刷ボタンを押下すると、図面上に配置したカメラのプロット図を印刷することも可能だ。

 

f:id:networkcamera:20200324195356j:plain

 

まとめ

 

 今回のアクシスサイトデザイナー2の新機能により、マップ上で距離の計算ができるようになった。実際に、どのようにカメラが配置されるのかイメージしやすくなるため、是非、活用して欲しい。