ネットワークカメラ推進会

Network camera promotion and communication

Anker Eufy ネットワークカメラ パソコンで見る

Anker Eufy ネットワークカメラ PCで見る方法

 

 前回の記事では、Anker Eufy ネットワークカメラの基本的な設定方法について説明したが、今回はパソコンでの閲覧方法について説明する。

 

 おそらく、Anker社では、パソコンからの閲覧はサポートしていないものと思われる。しかしながら、Anker Eufy ネットワークカメラは、RTSPのプロトコルに対応しているので、ソフトウェアを利用すると、映像を閲覧することが可能だ。

 

 あくまでも非公式な方法として、ご認識いただきたい。

 

 

RTSPを有効化する

 

 まずは、カメラのRTSP機能を有効化する必要がある。本来は、パソコンからの閲覧ではなく、PTSPのプロトコルに対応したNASで録画するための機能であるが、NASと同様にパソコンから閲覧することも可能である。

 

f:id:networkcamera:20201227175211j:plain

 

  カメラのライブ映像の右上のあるギアのボタンを押下し、設定ページを開く。設定ページの中から『ストレージ』を選択する。

 

f:id:networkcamera:20201227175600j:plain

 ローカルストレージ(SDカード)とNAS(RTSP)の選択画面が表示されるので、『NAS(RTSP)』を選択する。『録画ファイルをRTSP経由でNASに保存しますか?』の質問画面で、『はい』を選択する。

 

f:id:networkcamera:20201227175923j:plain

 

 『次へ』を押下し、設定画面を進める。

  ※本来は、RTSPプロトコルしているNAS(Synology製NAS)のみ動作検証していることが掲載されるか、ここでは無視する。

  ※ルーターがDHCPでIPアドレスを割り当てしている場合は、ルーター側でカメラのIPアドレスが固定されるように設定しておくと良いだろう。

 

f:id:networkcamera:20201227180225j:plain

 

 Synology製NASでアプリケーション(SurveillanceStation)をインストールするように表示されるが、ここでは無視して『インストール済』を押下する。RTSPストリームの『有効化』ボタンを押下する。

 

f:id:networkcamera:20201227181809j:plain

 

 『イベント録画』をするのか、それとも『連続録画』をするのか確認画面が表示される。ここでは『連続録画』を選択し、『次へ』を押下する。

 

 これで、RTSPのプロトコルが有効化された。RTSPストリームリンクに以下が表示されることを確認する。

 

 rtsp://<IPアドレス>/live0

 

  最後に『完了』ボタンを押下する。これでカメラ側の準備は完了だ。

  ※『完了』ボタンを押し忘れないように注意して欲しい。

 

 

VLCメディアプレイヤーでカメラを閲覧する

 

 以下のURLより、VLCメディアプレイヤーをインストールする。

 

www.videolan.org

 

f:id:networkcamera:20201227181057j:plain

 

 VLCメディアプレイヤーを起動する。『メディア』→『ネットワークストリームを開く』を押下する。

 

f:id:networkcamera:20201227181216j:plain

 

 ネットワークURLの欄に以下のように入力する。

 

 rtsp://<IPアドレス>/live0

 

f:id:networkcamera:20201227182151j:plain


 これで、カメラのライブ映像が表示されるようになった。ライブ映像だけであれば、VLCメディアプレイヤーを利用すると、パソコンから閲覧することが可能だ。

 

録画ソフトウェアにカメラを登録する

 

 続いて、録画ソフトウェアにカメラを登録する方法について説明する。今回は、カメラ8台までであれば、フリーで利用することができるXProtect Essential+を利用して録画する。

 

www.milestonesys.com

 

 上記のURLから録画ソフトウェアをインストールする。

  ※インストールがうまくいかない方は、Windowsを一度、初期化するとインストールできるであろう。

 

f:id:networkcamera:20201227182608j:plain

 

 管理ソフト『Management Client』を起動し、接続する。

 

f:id:networkcamera:20201227182846j:plain

 

 『レコーディングサーバー』で右クリックし、『ハードウェアの追加』を押下する。

 

f:id:networkcamera:20201227183105j:plain

 

 『手動』を選択し、『次へ』をクリックする。

 

f:id:networkcamera:20201227183156j:plain

 

 パスワードの入力画面が表示される。『次へ』をクリックする。

 

f:id:networkcamera:20201227183301j:plain

 

 様々なカメラメーカーが表示されるが、その中から『Universal』を選択する。『Universal』の中の『Universal 1 channel driver』にチェックを入れて、『次へ』を押下する。

 

f:id:networkcamera:20201227183451j:plain

 

 アドレス欄にカメラのIPアドレス(今回は、192.168.179.32)を入力する。ハードウェアモデルで『Universal 1 channel driver』を選択し、『次へ』を押下する。このまま流れに沿って『次へ』で進んでいく。

 

f:id:networkcamera:20201227183654j:plain

 

 カメラが認識されたら、カメラを任意のカメラグループに登録する。登録後は『終了』ボタンを押下する。

  

f:id:networkcamera:20201227185334j:plain

 

  ビデオストリームの設定画面にて以下のように設定する。

 

  フレームレート:15

  RTSPポート:443

  コーディック:H.264

  ストリーミングモード:RTP/RTSP/TCP

       接続URI:live0

 

  これで録画ソフトウェアにカメラが登録された。

 

 

f:id:networkcamera:20201227190157j:plain

 

 映像の再生ソフト(XProtect Smart Client)でも、ライブ映像を閲覧することができた。あくまでも非公式の方法のため、安定性には欠けるが、いちおうカメラの登録を完了することができた。

 

まとめ

  •  Anker Eufy ネットワークカメラは、RTSPのプロトコルに対応している。
  •  RTSPに対応しているソフトウェアであれば、非公式ながら、録画ソフトウェアに登録することもできる。