ネットワークカメラ推進会

ご意見・ご相談はtwitter(@NetworkcameraPC )へお願いします。記載している機器の仕様および操作手順には誤りがある場合がございます。必ずメーカー公式サイトをご確認願います。

Wansviewのネットワークカメラを録画ソフトに登録する方法

RTSPを利用してPCから閲覧することが可能

 

 筆者の保有するWansview Q6は通常、専用のアプリケーションで閲覧するようになっている。スマートフォン用のアプリケーションは、Google Playなどからダウンロードすることができる。

 

play.google.com

 

 録画映像は通常、カメラ本体に挿入するSDカードに保存することができる。しかし、今回、筆者は一般的なサードパーティー製のネットワークカメラの録画ソフトウェアに登録し、録画できるかどうか検証を実施する。

 

 ※なお、筆者が勝手に実施している方法であるため、メーカー推奨の閲覧・録画方法ではない。動作保証外であることはご留意いただきたい。

 

Wansview Q6のIPアドレスを確認し、映像を再生する

 

 まず、カメラのアプリケーションを開き、カメラ本体のIPアドレスを確認する。

 

f:id:networkcamera:20200503225023j:plain

 

 ライブ映像の閲覧画面で、ギアのような設定ボタンを押下する。

 

f:id:networkcamera:20200503225327j:plain

 

 次に、『デバイス情報』を押下する。デバイス情報にカメラのIPアドレスが表示される。今回の場合、【192.168.179.15】がカメラのIPアドレスであることがわかる。

 

f:id:networkcamera:20200503225625j:plain

 

 続いて、『ローカルアプリケーション』を押下する。ローカルアカウントに『ユーザ名』と『パスワード』が表示されているので、これを任意の文字に書き換える。今回は、検証のため、【ユーザー名:user パスワード:12345678910】と簡単なものにした。

 ※実際には、より複雑でセキュアなユーザー名とパスワードを設定して欲しい。

 

【今回の設定情報のまとめ】

 IPアドレス:192.168.179.15

 ユーザー名:user

 パスワード:12345678910

 

f:id:networkcamera:20200503230411j:plain


 

 『RTSP』ボタンを押下すると、カメラに接続するためのコマンドを確認することができる。以下のコマンドでカメラの映像を閲覧できることがわかる。

 

【フルハイビジョン品質の場合】

 rtsp://user12345678910@192.168.179.15:554/live/ch0

 

【SD品質の場合】

 rtsp://user12345678910@192.168.179.15:554/live/ch1

 

 試しに、VLCメディアプレーヤーで再生してみると、問題なく映像を表示することができた。

 

f:id:networkcamera:20200503215417j:plain

 

録画ソフトにWansview Q6を登録する

 

 続いて、録画ソフトにWansview Q6を登録できるかどうか試す。今回は、録画ソフトウェアの中でも汎用性が高いMilestone社のXProtect Essential+で検証を実施する。

  ※XProtect Essential+は以下のURLよりダウンロードして欲しい。

 

www.milestonesys.com

 

f:id:networkcamera:20200503222417j:plain

 

  XPrtect Management Clientを開く。レコーディングサーバーで『ハードウェアの追加』を押下する。

 

f:id:networkcamera:20200503222609j:plain

 

 先ほど、カメラに設定した【ユーザ名:user パスワード:12345678910】を入力し、『次へ』を押下する。

 

f:id:networkcamera:20200503222808j:plain

 

 『□Universal』の中の『□Universal 1 channel driver』にチェックを入れ、『次へ』を押下する。

 

f:id:networkcamera:20200503223014j:plain

 

 アドレスにカメラのIPアドレスの『192.168.179.15』を入力する。ハードウェアモデルはプルダウンメニューで『Universal 1 channel driver』を選択する。『次へ』を押下する。

 

f:id:networkcamera:20200503223359j:plain

 

【重要】
 ビデオストリーム1の設定で、ストリーミングモードについて『RTP over RTSP(TCP)』を選択する。接続URIに『live/ch0』と入力する。

 これで設定作業は終了だ。あとは、通常のネットワークカメラと同様に、録画の設定を行うと良い。デフォルトでは、モーション検知録画が設定されている。

 

f:id:networkcamera:20200503224038j:plain


 ビューワーソフトのXPrtect Smart Clientでも問題なく、ライブ映像の閲覧と録画映像の再生を行うことができた。

 

まとめとして

 

 Wansview Q6はRTSPに対応しているため、IPアドレスが分かれば、このように汎用のアプリケーションを利用して映像を閲覧したり、録画することも可能だ。繰り返しとなるが、あくまでも筆者が検証レベルで行っただけであり、メーカーの動作保証外であることはご理解いただきたい。

 

 とはいえ、SDカードではなく、このようにPCにも録画できる方法もあるため、興味がある方は試してみると良いだろう。