ネットワークカメラ推進会

ご意見・ご相談はtwitter(@NetworkcameraPC )へお願いします。記載している機器の仕様および操作手順には誤りがある場合がございます。必ずメーカー公式サイトをご確認願います。

録画期間は何日が適切か?

録画期間はユーザー自身で決める

ネットワークカメラシステムの導入するユーザーは、録画期間を何日程度にするのか導入前に決めておく必要がある。

 

ネットワークカメラシステムの導入が未経験のユーザーから「録画期間は何日にすればよいですか?」という質問を度々受けることがあるが、これはユーザー自身で決定する必要がある。

 

なぜならば、必要となる録画期間はユーザーの業務やニーズによって異なるためである。

以下はあくまでも一例であるが、実際に利用しているユーザーがどの程度の録画期間で運用しているのか紹介しておく。

 

 

防犯目的の場合

●録画期間:1週間~2週間程度

*防犯対策として導入しているユーザーの多くは、録画期間を1~2週間程度で設計している場合が多い。なぜならば、仮に事務所で事件や事故が発生した場合、大抵の場合、当日または翌日には気づくことができるためである。

*事件発生後、ユーザーは録画されたデータを再生し、実際に事務所で「何が発生していたのか?」「誰が侵入していたのか?」確認することができる。

*ただし、長期休業期間などを考慮し、2週間程度は保存しているユーザーが多い。

*一般的に録画期間を2週間と設定していた場合、15日目には初日のデータが削除されるめ、期間内に映像を確認しておく必要がある。

 

製造ラインの監視(異物混入の抑止の場合)

●録画期間:1か月~半年以上の場合も

*製造業などにおいては、録画機関が長期化する傾向がある。特に、食品工場においては「賞味期限」に合わせて半年以上の録画を希望されるケースもある。

*しかし、実際には長期間の録画を実施する場合、必要となるHDD容量も大きくなりコストが大きくなる傾向があるため、取引先などに必要となる期間を確認しておく必要がある。