ネットワークカメラ推進会

ご意見・ご相談はtwitter(@NetworkcameraPC )へお願いします。記載している機器の仕様および操作手順には誤りがある場合がございます。必ずメーカー公式サイトをご確認願います。

HDD交換時に設定が消えない

レコーダーの設定情報の保有方法

 

 ネットワークカメラシステムで用いられるレコーダーには、設定情報を保有するパターンがざっくりと2種類に分かれる。

 

 1つ目が、レコーダー本体に挿入されたHDDに設定情報を保有するパターンである。

 

 2つ目が、HDDには設定情報を保有せず、システム部分に設定情報を保有するパターンである。

 

 以下はシステムケイ社のレコーダー NVR-204 MkⅡのカバー部分を開封した画像である。画面左側が実際に録画した映像を保存するHDDとなっており、画面右上がカメラなどの設定情報を保有する領域となっている。

 

f:id:networkcamera:20191208224927j:plain

 

 

HDDに設定情報を保有しないことのメリット

 

 この2つ目のパターンである『HDDには設定情報を保持しない』形式であるが、ネットワークカメラシステムにおいては、障害発生時にしばしば役立つことがある。

 

 一般的なレコーダーでは、最も多い故障の1つがHDDの消耗によるエラーの発生である。もし、HDD側に設定情報を保有していた場合、HDDを交換する際に、レコーダーの設定情報も消えてしまうため、原則として再設定が必要となる。

 

 一方で、HDDには設定情報を保有せず、システム部側に設定情報を保有していた場合、HDDを交換しても、カメラのIPアドレスの情報などは原則として消えることがない。HDDのフォーマット処理だけで済むので、障害復旧が早く終えられる可能性があるのだ。

 

 また、HDDでエラーが起きてしまった場合、録画は停止するかもしれないが、ライブ映像は表示することができるモデルも存在する。モニタリング専用装置として運用することも可能である。

 

 

 米なお、レコーダーによっては、いわゆる『設定情報やシステム情報』は高速で処理ができる耐久性の高いSSDに保存しておき、通常の録画データはHDDに保存されるものもある。

 

HDDは消耗品

 

 ネットワークカメラシステムにおいては、24時間、HDDに対して映像を保存したり、データを削除しているケースもある。むしろ、日本国内においては24時間録画が一般的である。

 

 いくら耐久性の高いHDDを実装していたとしても、その設置環境によっては、どうしてもHDDの消耗が避けられないケースがある。もちろん5年以上録画していても全く不具合がでないケースもあれば、2~3年で故障する場合もある。

 やはり2年以上経過してくると、HDDの消耗は激しくなる傾向は否定できない。

 

 このようにHDDが消耗してしまい交換が必要となった場合、システム部に設定情報を保有させておき、HDD交換時に設定データが消えないレコーダーはメリットがあると、筆者は考えている。

 

 非常に細かいことかもしれないが、レコーダーの導入を検討しているユーザーは、その筐体がどのように設定データを保有するのかを念のため確認しておくと良いだろう。