ネットワークカメラ推進会

ご意見・ご相談はtwitter(@NetworkcameraPC )へお願いします。記載している機器の仕様および操作手順には誤りがある場合がございます。必ずメーカー公式サイトをご確認願います。

ネットワークカメラと照明を設置する

ライトを設置する重要性

今日、ネットワークカメラの性能が向上しており、非常に暗い場所でも撮影が可能となっている。

しかし、やはり必要に応じて別途、ライトを設置しなければならないケースも多い。

最近では「赤外線投射」ができるカメラも多いため、別途、照明を設置するケースは少なくなっているようにも感じられるかもしれないが、実はそうでもない。

カメラ本体だけのLED投射では限界があり、別途、照明を追加する場合も多々ある。

実際にネットワークカメラの導入時に用いられるライトの一部を紹介しよう。

 

竹中エンジニアリング LCL-31、LCL-32、LCL-34

http://www.takex-eng.co.jp/ja/products/item/8652/

まず、紹介したいのが、竹中エンジニアリング LCL-31シリーズである。

上位モデルとしては、LCL-32、LCL-34などがあり、照射したい光の強さによって機種選定を行う。特徴としては<人感センサー>が付属していることである。人感センサーが反応をすると、LEDライトが投射される仕組みとなっている。防犯対策として利用されるケースが多い。犯人に対して、威嚇を行いたい場合は、サイレン付きのLCL-30SIもあるので、防犯効果が高まるだろう。

そして、今回、さらに紹介したいのが<ソーラー式LED人感ライト>である。照明を設置する場合、どうしても照明用に電源を配線する必要があるのだが、このモデルはなんとソーラーパネルによる電源の供給が可能なのだ。電源の無い場所に最適なモデルだ。

なお、電池を3個以上使用する場合や日照が弱い場所に設置する場合、また点灯頻度が高い場合にはソーラーパネルの増設が必要だ。

 

オプテックス  Varioシリーズ

http://www.optex.co.jp/sec/business/raytec_vario/var/index.html

続いて紹介したいのが、オプテックス社のVarioシリーズだ。筆者も個人的に非常に好んで選定している製品である。この製品は、<白色LED>と<赤外線>タイプの2種類があり、用途に応じて機種を選定することができる。

カラーでの撮影を希望する場合は<白色LED>タイプを選定し、モノクロで撮影し、肉眼では見えないように照射したい場合は<赤外線>タイプを選定すればよい。

このモデルの最大のメリットが照射距離が長いことである。例えば、VAR2-i8-1というモデルの場合、35度のレンズを装着すると、なんと165mも赤外線投射が可能なのだ。(もっと照射距離が長い上位モデルもある。)

また、強い投射能力があるにも関わらず、「白飛びが少ない」のもこの製品の特徴だ。赤外線投射は強ければなんでもよいというわけではなく、強すぎると被写体が真っ白でよく見えなくなってしまう<白飛び>という現状が発生する。この製品は、自然でやさしい投射を行うため<白飛び>が起きにくい。

この赤外線投光器を最も使うシーンが多いのが【ナンバープレート】の認識を行うシーンだ。また別の記事で紹介したいと思うが、車のナンバープレートをカメラで撮影し、データベース化するソリューションが存在する。より適切にナンバープレートの撮影を行うために、本製品が活躍する。

さらに、PoE対応のモデルもあり、電源の配線が難しい場所でもLANケーブルの配線だけで動作することが可能だ。

 

今後もよい製品がリリースされた場合、随時、紹介をしていきたい。