ネットワークカメラ推進会

ご意見・ご相談はtwitter(@NetworkcameraPC )へお願いします。記載している機器の仕様および操作手順には誤りがある場合がございます。必ずメーカー公式サイトをご確認願います。

ネットワークカメラ P2Pによる遠隔監視の仕組みについて

中継サーバーを利用する方法

前回の記事では、ネットワークカメラを外出先から閲覧する場合は「固定IPまたはダイナミックDNSが必要」であることを説明した。

 

しかし、コンシューマーモデルを中心に固定IPやダイナミックDNSを利用しなくても、外出先からカメラを閲覧できる製品があるので紹介したい。

 

前回説明した固定IP(またはダイナミックDNS)での接続の場合、外出先のスマートフォンなどから、カメラの設置された拠点に対して接続しに行くのに対して、カメラとスマートフォンそれぞれが、外部の仲介サーバーを使用することで、クライアントとカメラが互いに認識し合い、接続ができる方法がある。

例えば、AXIS社の場合は、AXIS Companionというアプリケーションを利用する場合に、この仕組みが使われている。

https://www.axis.com/jp/ja/technologies/axis-secure-remote-access

そのほか、コンシューマーモデルのペット見守りなどに用いられるカメラも、この仕組みを採用しているケースが多い。

メリットとしては、設定が比較的簡単であるということである。ルーターの難しい設定なども原則としては不要だ。

一方、デメリットとしては、外出先から閲覧する端末が限られるという点である。上記のように、1台のスマートフォンから閲覧する場合は特に問題がない。

しかし、例えば、ライブカメラのように観光地の状況をホームページに映像を公開したり、複数人でカメラの映像を閲覧する場合は、あまり向かない仕組みである。この場合、閲覧用端末すべてに設定を行う必要があり、現実的ではない。閲覧する人数が多い場合、固定IPまたはダイナミックDNSでネットワークを構築する必要がある。

まとめ

*リモートアクセスの仕組みを利用したアプリを使うと、固定IP(またはダイナミックDNS)がなくても外出先からカメラの映像を閲覧することが可能になる。

*ただし、不特定多数にカメラの映像を公開したり、複数人でカメラの映像を閲覧したりする場合は、固定IP(またはダイナミックDNS)でネットワークを構築する必要がある。