ネットワークカメラ推進会

ご意見・ご相談はtwitter(@NetworkcameraPC )へお願いします。記載している機器の仕様および操作手順には誤りがある場合がございます。必ずメーカー公式サイトをご確認願います。

ネットワークカメラ 各メーカーの逆光対策を考える

WDR(ワイドダイナミックレンジ)とは?

ネットワークカメラで低照度性能と同じように重要なのが、逆光対策の性能(または明暗の差が大きい場合の撮影能力)である。

一般的にはWDR(ワイドダイナミックレンジ)という技術が用いられる。

※下記は、説明用に作成したデータであるため、ネットワークカメラの画像ではないが、イメージとしては下記の通りである。

まず1枚目の画像として、シャータースピードの速い画像を取得する。この場合、背景はキレイに撮影ができるが、被写体は暗くなってしまう。そして、2枚目にシャッタースピードの遅い画像を取得する。この場合、背景は白飛びするが被写体はキレイに撮影することができる。この2枚の画像から良い部分を合成させて、背景も被写体も両方とも見える画像を作り出す技術である。

人間の目には両方とも見えるキレイな画像だけが見えるのだが、カメラ本体で高度な処理をしているのである。

基本的な原理はおおよそ共通だが、カメラメーカー別に様々な工夫を行っており、その性能も異なる。

ダイナミックレンジの値は、[dB](デシベル)という値でカタログに表記される。

これは<撮影可能な明るい場所(Lux) / 撮影可能な暗い場所(Lux) >で計算できる。

この値が大きければ大きいほど、大きな明暗差でも撮影ができるということである。

 

各メーカーの比較

これも最低照度性能と同様に、カタログのスペック値はあまり参考にならず、実機で比較することが望ましいのだが、あえてカタログ値を比較してみよう。

 

●エントリーNO1:パナソニック WV-S1131/WV-S1112/WV-S1111

  ダイナミックレンジ 144 dB typ. (スーパーダイナミック: On時)

 

●エントリーNO2:ソニー SNC-VB600

  ワイドダイナミックレンジ機能 View-DR(130dB相当) 

 

●エンリーNO3:AXIS P1365 MkⅡ

  WDR - フォレンジックキャプ チャー: 最⼤120 dB (撮影場所に応じて値は異なります)

 

●エントリーNO4:ハイクビジョン DS-2CD4A26FWD-IZ

  ワイドダイナミックレンジ 120 dB

上記の4社で比較してみたが、カタログスペック上はパナソニックが最も、明暗の差が大きい場所で撮影できることが分かった。

しかし、何度も繰り返してしまうが、あくまでもカタログスペック値であるため、実際には実機での比較が必要である。「どの程度のノイズが発生しているのか?」「白飛びしたような映像になっていないか?」「逆光の処理に時間がかかって映像の遅延が起きていないか?」「ボヤけた映像になっていないか?」など、カタログでは見えない部分があるため、実際には実機でのテストが必要となる。

※なお、ワイドダイナミックレンジ機能を利用した場合、フレームレートなどに制限が発生するモデルもあるため、高フレーム録画を行う場合は注意が必要だ。