ネットワークカメラ推進会

ご意見・ご相談はtwitter(@NetworkcameraPC )へお願いします。記載している機器の仕様および操作手順には誤りがある場合がございます。必ずメーカー公式サイトをご確認願います。

屋内・軒下・屋外の違いを理解する

防水対応カメラでも屋外に設置できない!?

ネットワークカメラには、<屋内用の非防水タイプのカメラ>と<屋外用の防水タイプ>が存在する。

 

f:id:networkcamera:20181212235440p:plain

 

ここで問題となるのが「防水対応のカメラをどこに設置するのか?」という問題である。

「防水対応のカメラだから屋外に設置するのが当然でしょ?」と思う方もいるかもしれないが、それは必ずしも正しいとは言えない。

 

なぜならば防水対応のカメラであっても<完全な屋外環境への設置はできない>モデルもあるためだ。

 

例えば、パナソニック社のBB-SW175Aというモデルの場合、

「※ 強い台風など異常な風雨の被害を軽減するため、軒下への設置を推奨します。」との注意書きがあり、実は完全な屋外ではなく<軒下への設置>を推奨している。

https://sol.panasonic.biz/security/netwkcam/lineup/sw175a.html

 

同様にキヤノンのS30VE/S800VEというモデルでも、IP66という防水規格に対応しているものの、設置場所については<軒下への設置>との記載がある。

http://cweb.canon.jp/webview/lineup/vbs30ve-s800ve/index.html

 

 

一方、同じIP66対応モデルでも、機種によっては下記のように、軒下ではなく完全な屋外環境への設置が可能なモデルも存在する。

https://sol.panasonic.biz/security/camera/ipro_extreme/s1531ltnj_s1531lnj/

http://cweb.canon.jp/webview/lineup/vbm741/index.html

 

同じ防水防塵対応規格を保有してカメラであっても、モデルによって「軒下までの設置が可能か」「それとも完全な屋外環境への設置が可能か」分かれるため注意が必要だ。

 

完全屋外と軒下の違いを理解する

<軒下>かそれとも<屋外>かの判断は、なかなか難しいケースもあるが、

1つの基準としては「雨が直接的に継続して降りかかるかどうか?」という点がある。

 

例えば、上記の写真の場合、<左側のカメラ>は直接、雨が降りかかるため「屋外」であると判断できる。

 

一方<右側のカメラ>は【軒】があり直接的に雨が降りかからないため「軒下」と判断できる。

(ただし、上記の写真の右側のカメラは、軒をわずかにはみ出して設置している可能性があり、軒下用のカメラを設定する場合は、もう少し軒に隠れるように設置した方が望ましい。)

カメラの導入を検討する際は「屋内が何台か?屋外が何台か?また屋外のうち軒下は何台か?」決める必要がある。