ネットワークカメラ推進会

ご意見・ご相談はtwitter(@NetworkcameraPC )へお願いします。記載している機器の仕様および操作手順には誤りがある場合がございます。必ずメーカー公式サイトをご確認願います。

動体検知の際に音声を再生する

ネットワークカメラの一部の機種には、あらかじめカメラ本体に<音声データ>を登録しておき、何らかのイベント(例えば動体検知)をした際に、カメラから自動的に音声を再生することが可能である。

今回は、AXIS M1065-Lでの設定方法を説明する。

 

スピーカーの設定

設定画面を開き、【オーディオを有効にする】のスライドボタンを右にスライドさせて、音声を有効化する。次に、モードで「ハーフデュプレックス」または「シンプレックス(スピーカー専用)」を選択する。

※AXIS M1065-Lはマイクとスピーカーの両方の機能を保有するが、マイクだけを利用したい場合は「シンプレックス(マイク専用)」を選択する。スピーカーだけを利用する場合は「シンプレックス(スピーカー専用)」を選択する。マイクとスピーカーの両方を利用する場合は「ハーフデュプレックス」を選択するとよい。

 

出力のゲインを設定する。ミュート~6dBの間で設定することができる。青い〇を右に移動させると、音量が大きくなる。(ただし、M1065-Lのスピーカーはあくまでも補助的なものであるため、最大値に設定した場合でも、それほど大きな音声を出力することはできない。より、大きな音声の出力が必要なシーンでは、カメラを上位機種に変更し、スピーカーを別付けすることを推奨する。)

 

次に、スピーカーからどのような音声を出力するのかを決定する。デフォルトではプルダウンメニューで<カメラのシャッター音><「プスッ」という音><侵入者への警告><犬の鳴き声>などが登録されている。AU形式の音声を新たにアップロードすることも可能なようだ。

 

動体検知との連動

 

「システム」タブより「イベント」のボタンを押下する。

 

イベントの設定画面が起動するので「Add…」をクリックする。

 

 

イベントの名称を任意で決定する。今回は「Sound」という名称を付けた。

トリガーのプルダウンメニューで「Applications」と「作成した動体検知の設定」を選択する。今回は、「VMD4:プロファイル1」を選択した。

Actionタイプのプルダウンメニューで「Play Audio Clip」の中から、出力したい音声を選択する。今回は「犬の鳴き声」を選択した。

 

これで動体検知を行った際に、スピーカーから音声が出力できる設定が完了した。なお、今回は「Always」を選択しているため、常にこの設定が有効となるが、スケジュール(時間帯)の設定も可能である。

以上で設定は完了だ。実際に、テストしてみたところ問題なく音声が出力された。

 

マイクである一定の音量を受信した場合に音声を出力する方法

今回は、動体検知でスピーカーから音が出力される設定を行ったが、これ以外にも様々なイベントをトリガーとして設定できる。例えば、マイクである一定の音声を受信した場合に、音声を出力する方法だ。

設定メニューの「システム」タブで「検知器」ボタンを押下する。

 

音声検知の「入力1-アラームレベル」の設定で、〇を上下させることにより『どの程度の音声受信でイベントとして認めるか?』のレベル設定を行う。

(※なお、画面の右側に「カメラに対するいたずら」という設定項目もあるが、これはカメラにスプレーが噴射されたり、レンズに何らかのいたずらをされて撮影が出来なくなった場合に、トリガーとする場合の設定画面である。)

 

上記の画面では、赤色部分は指定したレベルを超えているため『音声を受信した』と検出している部分である。一方、グレーの部分は指定したレベルを超えているため『音声を受信した』とは判断されない。

 

動体検知の設定と同じ手順で今度は、トリガーを『Audio Detection』を選択し、アラームレベルで【〇YES】を選択する。Actionは「Play Audio Clip」の中から、カメラのシャッター音を選択した。これで、ある一定の音声を受信した際にスピーカーからカメラのシャッター音がなる設定が完了となる。

この設定方法は、防犯対策において非常に重要な機能である。正直にいうと、防犯カメラとはいえ、単に撮影しているだけでは防犯効果が弱いと筆者は考えている。このような仕組みを構築すると、音声での威嚇ができるため防犯効果を高めることが可能だ。