ネットワークカメラ推進会

ご意見・ご相談はtwitter(@NetworkcameraPC )へお願いします。記載している機器の仕様および操作手順には誤りがある場合がございます。必ずメーカー公式サイトをご確認願います。

AXIS ガードツアー設定方法

今回は、AXIS M1065-Lの「ガードツアー」について説明する。ガードツアーとは、あらかじめ<見たい場所(プリセットポジション)>をカメラに複数登録しておき、それらを巡回表示させる機能である。なお、AXIS M1065-Lの場合は光学ズーム機能はないため、デジタルズームとなる。

 

①ビューエリア(見たい範囲)の作成

まず、最初に、AXIS M1065-Lは光学によるPTZ機能がないため、ビューエリア(見たい範囲)を作成する必要がある。

設定ページを開き、「ビューエリア」を選択する。<+新規>ボタンを押下する。

 

 

 

画面上でビューエリアとして設定したい範囲を黄色い枠で囲う。その際、PTZのスライドボタンを右にスライドさせて、ONにしておく。ビューエリアが決まったら、「完了」ボタンを押下する。

 

②プリセットポジションの設定

続いて、「ホームポジション」と「プリセットポジション」を作成する。「ホームポジション」とはその名の通り、原点となるポジションである。例えば、PTZ(首振り)対応のカメラで、様々な場所にカメラの撮影範囲を変更したとしても、ホームポジションに戻る設定を入れておくと、数秒後に原点となるポジションに戻すことが可能だ。

まず、画面上の「ズームアップのスライドバー」でどの程度のズームアップをさせるのかを決定する。その次に、画面上の黄色い円をドラッグ&ドロップで移動させて、ポジションを考える。ホームポジションが決まったら「鉛筆のマーク」をクリックすると、設定が更新される。

また、先ほど説明したホームへ戻る時間を何秒か設定すると、PTZ操作をした場合でも、数秒後にはホームポジションへ戻す設定が可能となる。今回は、ホームポジションへ戻す必要がないため、「0秒(オフ)」の設定をした。

 

ホームポジションの設定と同じ手順で今度は「プリセットポジション」をいくつか作成していく。作成の手順は「+」ボタンを押下し、先ほどと同じようにズームや位置の設置を行い、プリセットの名前を入力し、「保存」ボタンを押下する。

 

今回はサンプルとして<SKL><POWER><Right><Left>の4か所を設定した。

 

ガードツアー

続いてガードツアーの「+」ボタンを押下すると、別画面にリンクし、ガードツアーの設定画面が表示される。ここで「+追加」をクリックする。

 

先ほど、作成した「プリセットポジション」を巡回させたい順番で登録する。今回は、<HOME→SKL→Right→POWER→Left>の順番で10秒経過後に移動するように設定した。

 

実際に、巡回を開始したい場合は画面上の「開始▲」ボタンを押下する。これで巡回表示が開始される。

 

これで<HOME→SKL→Right→POWER→Left>の順番で映像が巡回し始める。なお、最期の<Left>の次はまた<HOME>に戻り、延々と巡回が続く。

 

停止させたい場合は「■停止」のボタンを押下する。

 

<注意点として>

広角型の固定カメラの場合は、あまりガードツアーの設定をするケースは少ないかと思うが、PTZカメラの場合は、度々、この巡回表示設定を入れることがある。なお、注意点として、ガードツアー機能を多用した場合、PTZカメラの性能によってはモーターの摩耗が通常利用時よりも早くなるケースがあるので、ご留意いただきたい。

※AXISカメラの場合はQシリーズ以上のモデルが推奨となる。