ネットワークカメラ推進会

ご意見・ご相談はtwitter(@NetworkcameraPC )へお願いします。記載している機器の仕様および操作手順には誤りがある場合がございます。必ずメーカー公式サイトをご確認願います。

ネットワークカメラの形状

ネットワークカメラの形状

ネットワークカメラカメラには、さまざまな形状が存在するが

大きくわけると<ボックス型>と<ドーム型>の2種類である。

(上記以外にも筒状のバレット型や超小型のカメラもあるが、ここでは割愛する。)

それぞれのメリットとデメリットをまとめておく。

 

ボックス型

ボックス型のメリット

* いかにも「カメラらしい形状」であるため防犯効果が高い

* 機種によっては「レンズ交換」ができるタイプもある

 

<ボックス型のデメリット>

* 被写体に対して威圧感を与えてしまう。

(飲食店などに設置した場合、カメラの存在が気になる場合がある。)

* 撮影している角度が見た目でわかりやすいため、死角に逃げられるリスクがある。

* ボックス側カメラの上にホコリなどが溜まってしまうことがある。

(食品工場などへの設置は不向きとなる場合がある。)

 

ドーム型

<ドーム型のメリット>

* 飲食店などに設置した場合も比較的、空間に馴染みやすい。

* カメラにホコリが溜まりにくく、食品工場などへの設置に適している。

 

<ドーム型のデメリット>

* 目立ちにくいため、防犯効果は低い場合がある。

* レンズの交換はできない機種が多い。

* 機種や設置環境によっては、映像の歪みや赤外線の乱反射が起こる場合がある。

 

以上のように、設置場所に応じた機種選定が必要となる。