レコーダー 異常時に通知する方法

 前回の記事ではNAS(レコーダー)の健康状態を把握する方法について説明したが、今回はさらに異常時にメールなどで通知させる方法について説明する。


 前回の記事と同様に Surveillance Stationの設定画面を開き、『イベント管理』を押下する。『〇従来のモード』を選択し、『Eメール』タブをクリックする。

 ※今回は、QNAP製NASのコントロールパネルとは異なり、Surveillance Station専用で通知機能を利用したいため『〇 Surveillance Stationの一意の設定を入力する』を選択した。

 レコーダーに送信元として設定するメールアドレスの情報(SMTPサーバー)の情報を入力する。

 ※なお、メールサーバーを提供するプロバイダーのセキュリティによってうまくレコーダーからメール送信ができないケースがあるため、できるだけ事前のテストを推奨する。


 続いて、どのようなタイミングでメール通知を行うのか選択する。

  ※例えば下記の画面では、<カメラとの接続エラー>と<録画の失敗>が発生した場合にメールで通知できるように設定をした。モーションを検知したタイミグでメール通知することも可能ではるが、検知の数が膨大になり、必要以上にメールが飛んでしまうケースもあるため、特に必要でなければ、<カメラとの接続エラー>と<録画の失敗>の時のみメール通知させる設定を推奨したい。

 最後に適用ボタンを押下すると、設定は完了となる。



 前回の記事では定期的にレコーダーの健康状態をチェックすることを推奨したいと書いたが、実際にはなかなか忙しくてレコーダーの動作確認ができない場合も多いと思う。

 このような通知機能を活用することで、(事後となってしまうが)問題の発生に気づきやすくなるメリットがある。

ネットワークカメラ推進会

ネットワークカメラの普及と活用のためのさまざまなコンテンツを配信いたします。

0コメント

  • 1000 / 1000