QNAP NAS 録画データをダウンロードする

 前回の記事では、QNAPのNASにネットワークカメラの録画機能を追加する方法について説明した。今回は、NASに保存されたデータの効率的なダウンロード方法について、紹介したい。一般的な専用のレコーダーでは、録画データをごっそりと抜き出すことが難しいモデルも存在しているが、もともとNASに録画機能を追加しているため、データの扱いが非常に柔軟である。




方法①:録画の再生画面から指定した時間をダウンロードする

 この方法は他の多くのレコーダーでも機能として保有しているが、録画の再生画面から録画映像の一部を切り出してダウンロードする方法である。

QVR-Monitorを起動し、録画再生の「▶」ボタンを押下する。


「クリップをエクスポート」ボタンを押下する。


 ダウンロードする時間とダウンロード先を決定する。


 オプション機能で、解像度や映像の形式を選択することも可能だ。


 録画データのエクスポート(ダウンロード)が開始される。

  ※長時間の録画データをダウンロードをしようとすると時間がかかるため注意したい。


 デスクトップAVI形式の動画ファイルが生成された。汎用的な動画再生ソフトで閲覧することができた。


 ある程度、書き出ししたい時間が確定している場合は、このダウンロード方法が分かりやすいと思う。





②方法:ファイルステーションを利用する

  続いて、録画データをある程度、まとめてダウンロードする方法である。

 ブラウザでNASにログイン後、「File Station」を押下する。


 NAS内部のフォルダ階層が表示される。フォルダ上で右クリックし、「ダウンロード」ボタンを押下すると、フォルダごと、ごっそりとダウンロードすることができる。

  ※なお、データ容量が大きい場合は、かなり時間がかかるので注意したい。


 フォルダの最下層に、実際の録画データであるAVIファイルが保存されているため、ダウンロードしたい時間帯のファイルを選択し、ダウンロードすると良い。


 なお、AVIの1ファイルをどの程度のサイズにするのかについては、「Surveillance Station」のシステム設定の中の「カメラ設定」→「詳細設定」画面にて、1録画ファイルの長さを決めることができる。

  ※上記の設定では5分で1つのファイルになるように設定されている。


 書き出ししたい時間帯が曖昧である程度、まとめて録画データを書き出したい場合は、このダウンロード方法が便利である。





③方法:PCからNASをマウントしてコピーする。

 筆者がもっとも利用している方法であるが、WindowsPCからNASをマウントして、直接、録画データをコピーする方法である。

 Windowsの「ネットワーク」ボタン上で右クリックし、「ネットワークドライブの割り当て」を選択する。


 フォルダーに「\\<NASのIPアドレス>\<フォルダ名>」を入力し、「完了ボタン」を押下する。


 Windows上のフォルダ(ドライブ)の1つのように、NAS上に保存された録画データのフォルダを参照することができる。あとは、必要に応じて、ファイルをコピーするだけである。


 上記のように、NAS上の録画データ(AVI)をドラッグ&ドロップで簡単にコピーして、再生することができた。

 ※上記ではWindowsメディアプレイヤーで再生している。



 わざわざ、ブラウザでNASにログインすることなく録画データをごっそりとコピーすることができるので非常に便利である。しかしながら、注意点としては、録画データを直接、WindowsのPCから参照するため操作ミスが起きる可能性があるという点である。誤操作などにより「Delete」ボタンを押してしまい、録画ファイルを消さないように注意したい。



 ネットワークカメラのレコーダーは様々なメーカーがリリースしているが、ベースがNASであるため、上記のように録画データを柔軟に取り扱える事がメリットである。QNAP製のNASを保有されている方は試してみて欲しい。

ネットワークカメラ推進会

ネットワークカメラの普及と活用のためのさまざまなコンテンツを配信いたします。

0コメント

  • 1000 / 1000