ネットワークカメラ推進会

Network camera promotion and communication

VAST2でVIVOTEK NVRを管理する

VAST2をCMSとして利用ができる

 

 VIVOTEKのNVRは、以前紹介したVAST2というアプリケーションを利用して、レコーダーを統合管理することができるので紹介したい。

 

 VAST2については以下のURLを参照して欲しい。

 

www.networkcamera.work

 

www.networkcamera.work

 

VAST2にレコーダーを登録する

 

 それでは早速、VAST2にレコーダーを登録させる。まずは、レコーダー側で準事前備しておく必要がある。

 

f:id:networkcamera:20201122010835j:plain

 

 設定メニューを開き、『ネットワーク』→『サービス』を選択する。CMSとiViewerについて『□アクセスを許可』のチェックボックスにチェックを入れる。

 

 CMSでVAST2で接続する際のパスワードを決めて入力する。入力後は、『適用』ボタンを押下する。

 

f:id:networkcamera:20201122013827j:plain

 

 続いて、VAST2を起動し、通常通りログインする。

  ※もし、うまくログインできない場合は、ファイアウォールの開放など実施してみて欲しい。

 

f:id:networkcamera:20201122014905j:plain

 

 設定画面を開き、『機器』のメニューで『場所』を選択する。

 

f:id:networkcamera:20201122015039j:plain

 

 『+』ボタンを押下し、レコーダーのIPアドレスやポート番号、CMSパスワードなどを入力する。

 ※入力後は追加ボタンを押下する。

 

f:id:networkcamera:20201122015644j:plain

 

 もし、ここでうまく登録ができない場合は、ポート番号に誤りがないかどうか確認して欲しい。例えば、筆者のレコーダー側のCMSのポート番号は『443』に設定していた。そのためVAST2側から接続する場合も『3443』から『443』に変更する必要がある。この設定は、注意して欲しい。

 

f:id:networkcamera:20201122015735j:plain

 

 無事にレコーダーがVAST2でも認識された。

 

f:id:networkcamera:20201122015918j:plain

 

 ライブ映像を閲覧すると、ND9312の映像がVAST2でも認識できている。

 

まとめ

  •  複数台のレコーダーがある場合は、VAST2をCMSとして利用することができる。
  •  設定には事前に、レコーダー側でパスワードなどを設定しておく必要がある。

 

疑問点として

 

 なお、最後に筆者の疑問点を書き残しておく。それが、ライセンスの考え方だ。VAST2はVIVOTEK製のカメラの場合、32台まで無償で利用することができ、カメラ33台以上の場合は有償ライセンスが必要だ。

 例えば、VIVOTEK製のカメラが50台の場合、追加で18ライセンスを購入する必要がある。

 

 問題は、レコーダーをVAST2に登録した場合だ。レコーダーに登録されたカメラを(レコーダーの配下にあるカメラを)32台にカウントするかどうか、筆者はわからなかった。

 例えば、カメラ8台を録画しているレコーダー(ND9312)を仮に、5台以上、VAST2に登録した場合、合計のカメラ台数は40台になるので、追加ライセンスが必要かどうか気になるところだ。

 

f:id:networkcamera:20201122022056j:plain

 

 いちおうVAST2のライセンス情報を見る限りは、レコーダー(ND9312)は『購入されたパッケージ』との記載があり、追加ライセンスは不要なようにも見える。

 

 正確な情報が知りたいので、ご存じの方がいれば、是非ともコメントに残して欲しい。

 

www.vivotek.com