ネットワークカメラ推進会

ご意見・ご相談はtwitter(@NetworkcameraPC )へお願いします。記載している機器の仕様および操作手順には誤りがある場合がございます。必ずメーカー公式サイトをご確認願います。

VIVOTEK ファームウェアをアップデートする

ファームウェアのダウンロード方法

 

 ※注意点として、以下の記事は筆者が勝手に実施した手順であるので、公式な手順ではないことをご留意いただきたい。正式なファームウェアのバージョンアップ方法は、メーカーや販売店に問い合わせして欲しい。

 

 

 今回、筆者が保有しているVIVOTEKのFD8166Aのファームウェアが古い状態(Version: 0203d)であったので、これを最新版にバージョンアップすることにした。

 

 まず、VIVOTEK社のホームページより、最新版のファームウェアをダウンロードする。

 

www.vivotek.com

 

 
 2019年07月24日ににリースされた『バージョン:0213b』と、2019年09月05日ににリースされた『脆弱性パッチ:0220c_SA2019002』をダウンロードした<FD8166A-VVTK-0213b.flash.pkg>を選択する。
 

 

 ※なお、PDFファイルも合わせてダウンロードすることとなるが、PDFにはファームウェアに関する修正内容の説明書きが記載されていた。

 

f:id:networkcamera:20191011130906j:plain

 

 

カメラに接続しファームウェアを適用する

 

 ブラウザでカメラに接続し、システムの中の『メンテナンス』を開き、ファームウェアのアップグレードを行うページを開く。『参照』ボタンを押下し、先ほど、ダウンロードした<FD8166A-VVTK-0213b.flash.pkg>を選択する。選択後、『アップデート』ボタンを押下する。

 

f:id:networkcamera:20191011131205j:plain

 

 カメラ本体のLEDライトが点滅するので、バージョンアップが完了するまで待つ。

  ※時間がかかるが完了するまで待つ必要がある。途中で電源を切らないように注意したい。

 

f:id:networkcamera:20191011132714j:plain

 

  ログイン後、画面左下の表示が『バージョン:0213b』になっていることを確認できた。

 

f:id:networkcamera:20191011133005j:plain

 

脆弱性パッチを適用する

 

 同様の手順で今度は『脆弱性パッチ:FD8166A-VVTK-0220c_SA2019002.flash.pkgをアップデードする。画面左下の表示が『バージョン:0220c_SA2019002』になっていることを確認できた。

 ※設定後は念のため、再起動した。

 

f:id:networkcamera:20191011143006j:plain

 

 ビューワー画面を確認する

 

 実際に複数のブラウザでカメラに接続を行った。

 

IE(インターネットエクスプローラー)の場合

 

 バージョンアップ前の操作画面の画像を残しておらず、正確に比較できないことが残念ではあるが、バージョンアップ前と後では、若干、ユーザーインターフェースが変化した印象を受けた。

 具体的には、画面左からグローバルビューが消えて、画面下に表示されるボタン類もすっきりと整理された印象だ。

  ※IEでは、『クライアント設定』も開くことができた。

 

f:id:networkcamera:20191011164050j:plain

f:id:networkcamera:20191012193039j:plain


 

 

Chrome(クローム)の場合

 

 以前のバージョンでは私の記憶違いかもしれないが)Chromeでは、一部のボタンや操作画面が表示されなかった記憶があるが、ファームウェアバージョンアップ後は、操作用のボタンも表示され、グローバルビュー機能も利用できた。

 ※メーカーが正式サポートしているかどうかは不明であるが、閲覧できるブラウザの種類が増えることは嬉しく感じる。

 ※ただし、『クライアント設定』を開こうとすると表示させることができなかった。

 ※また、IEと比較すると表示した操作ボタンは少なくなった。

 

f:id:networkcamera:20191012191739j:plain

f:id:networkcamera:20191012193428j:plain

 

 

 Edgeの場合

 

 エッジの場合もChromeとほぼ同様の画面であった。

   ※ただし、こちらも『クライアント設定』を開こうとすると表示させることができなかった。

 

f:id:networkcamera:20191012192113j:plain

 

Firefoxの場合

 

 Firefoxの場合もChrome、Edgeとほぼ同様の画面であった。

  ※ただし、こちらも『クライアント設定』を開こうとすると表示させることができなかった。

 

f:id:networkcamera:20191012192556j:plain

 

最後に

 

 ネットワークカメラのファームウェアが古いと、Miraiなどのウィルスに感染するリスクやDDoS攻撃のボットにされるリスクがあるため、できるだけ最新のファームウェアにしておきたい。

 

 今回、筆者もセキュリティ対策の向上のため、本作業を実施した。参考になれば幸いだ。また、もし手順について何か誤りがある場合はご指摘いただいたい。