ネットワークカメラ推進会

ご意見・ご相談はtwitter(@NetworkcameraPC )へお願いします。記載している機器の仕様および操作手順には誤りがある場合がございます。必ずメーカー公式サイトをご確認願います。

VIVOTEKの良いトコロ・惜しいトコロ

良いと感じたトコロ

VIVOTEKのネットワークカメラを一通り操作してみて、なかなか操作がしやすいと感じた項目をいくつか紹介しておく。なお、筆者の個人的な意見であることをご理解いただきたい。

 

①グローバルビューとデジタルズーム

上記がVIVOTEK製のネットワークカメラのホーム画面であるが、主に左側にPTZなどの操作を行うボタンが表示される。グローバルビューという機能は左下に表示されている画面である。例えば、下記のサムネイル画像の中で見たいエリアを囲うと、その部分が切り出されて注目して表示される。

 

例えば、グローバルビューで赤枠のエリアを指定してみたところ、上記の画像のように拡大表示することができた。他社製のネットワークにも類似する機能はあるが、特に操作しやすい印象を受けた。

 

 

②ヘルプ表示で優しい解説があること

上記は、ストリームの設定でH.265の設定のプロファイルを決めているところであるが、分からない設定項目があった場合「(ヘルプ)」のボタンを押下すると、上記のとおり別枠で設定に関する解説が表示される。初めて設定を行う場合でも、特に迷うことなく設定することができる。

 

③実際の画像を見ながら、設定変更ができる

この機能は、ネットワークカメラであれば一般的になりつつあるが、実際の映像を見ながら設定変更ができることもメリットの1つだ。例えば上記は「曇り除去」という機能を有効にした場合の画像であるが、OFFにした場合とOFFに変更した場合の違いを確認しながら設定変更ができる。霧がかかりやすいような環境下では設定しておきたい機能の1つである。

 

④CPUの負荷の状況を確認できる

これは、筆者が非常に珍しいと感じた設定項目の1つであるが、上記のように現在のCPUの負荷を「XX%」という表示が可能である。H.265で複数の端末から接続した場合、当然、カメラ本体の負荷も大きくなる可能性がある。また、動体検知設定時も一般的には、カメラ本体のCPUの負荷が高くなる。ネットワークカメラの不具合の1つにカメラ本体の負荷が一時的に高くなり、ハングアップしてしまうというケースがあるが、このようにCPUの負荷の状況が確認できれば、事前に予防や対策を検討することが可能だ。

 

⑤SDカードの録画設定が非常に簡単

SDカードをカメラ本体に挿入し「SDカード管理」でSDカードを「Ext4」形式でフォーマットする。

 

トリガーで「録画するスケジュールの設定」を行い、保存先としてSDカードを選択する。

※スケジュール録画を行う場合は<月~金曜日の時間帯>の設定を入れるが、「ネットワークエラー」の時だけSDカードに録画することもできる。カメラにPoE HUBでLANケーブルから電源供給している場合は難しいが、カメラに対して別途、DC電源などをから電源供給をしている場合は、LANケーブルが抜けるなどのネットワーク障害時に緊急保存先としてSDカードに録画することが可能だ。

 

「コンテンツマネージメント」のボタンを押下し、時間帯やトリガーを選択すると、SDカードに挿入されたデータをダウンロードすることも可能だ。

 

惜しいと感じたトコロ

筆者が個人的に、やや残念だと感じたことは、オーバーレイの自由度が少ないことである。何か方法があるのかもしれないが「画面上にフレームレートやビットレート」などのステータス情報を表示できれば、設定する人間としては非常に嬉しく感じる。

また、ブラウザも基本的にIEのみとなっているようなので、今後はその他のブラウザにも対応することを期待したい。さらに欲を言えば、スマートフォンからカメラをブラウザで閲覧した場合に、スマートフォン専用のビューワー画面があれば理想だと考える。

 

日本国内でのシェアはあまり高い印象はないが、世界的にはVIVOTEKのシェアは高い。今後、日本向けにもカメラ本体やメーカーサポート(ホームページ等)が充実することに期待したい