ネットワークカメラ推進会

ご意見・ご相談はtwitter(@NetworkcameraPC )へお願いします。記載している機器の仕様および操作手順には誤りがある場合がございます。必ずメーカー公式サイトをご確認願います。

バンダルドームとは何か?

ネットワークカメラは耐衝撃性も必要である

 

  ネットワークカメラの中には『バンダルドーム型』と呼ばれるタイプのカメラが存在している。バンダルドーム型とは、ざっくりと説明すると”耐衝撃性に優れたカメラ”である。

 

 まずは、以下の映像をご覧いただきたい。

 

 


ネットワークカメラ“VB-S30VE”のIK10試験映像 高感度カメラ撮影【キヤノン公式】

 

  これは、キヤノンのネットワークカメラのVB-S30VEというモデルの映像である。40センチの高さから5キログラムの重りを落下させても、本体が故障しないことを検証している映像である。

 

 本製品の場合、【IK10】と呼ばれる規格に準拠している。

 

 

ネットワークカメラはいたずらされやすい

 

 ネットワークカメラを含めた防犯カメラは、残念ながら、いたずらされやすい傾向にある。例えば、カメラをある程度、低い位置に設置した場合、故意に石を投げられたり、バットなどで叩かれることさえある。

 

 または、故意ではない場合も、意図せず何らかの事故や間違いによって、金属などがカメラに当たってしまうこともある。例えば、脚立をカメラに当ててしまったり、配送中の荷物がカメラに当たることもある。

 

 このような衝撃があった場合も、本体の故障を軽減できる仕様がバンダルドームのカメラである。正確には、バンダルプルーフと呼ばれることもある。

 

 例えば、キヤノンのVB-S30VEの場合、『Vの文字』がバンダルを示している。このタイプの機種であれば、カメラに対して一定の衝撃があった場合も、本体の故障のリスクを軽減することができる。

 

 何らかの衝撃がかかるリスクがある場所においては、バンダルドームタイプのカメラが望ましいと言えるだろう。

 

 (※なお、システム部の故障は避けられたとしても、表面のドーム部分に傷が入ってしまい、見えにくくなることはあるので注意して欲しい。多少の引っかき疵であれば問題ないが、場合によっては傷や汚れが発生することもある。)

 

IK10とは何か?

 

 ネットワークカメラのベンダーであれば知っておきたい用語が『IK10』という規格である。俗に『アイケー・テン』と呼ばれる。ヒトによっては『アイケー・イチマル』と呼ぶかもしれない。

 

 

 防犯カメラに対して、外部からどの程度の衝撃があった場合に、どのくらい耐えられるのかを示したヨーロッパの規格である。

 

 IK10の等級の場合、40センチの高さから5キログラムの重りを落下させても、本体が故障しないことを示している。IK06の場合、20センチの高さから500グラムの重りを落下させても故障しないことを示している。

 

 このように、IK00~IK10までの等級があり、衝撃に対する耐性によってランク分けされているのだ。以下のURLが分かりやすいため参考にして欲しい。

 

www.3d-inc.co.jp

 

まとめ

 

  • ネットワークカメラは衝撃のリスクがある場所に設置する場合、バンダルドームタイプ(バンダルプルーフ)のカメラが望ましい。
  • IK10の場合、40センチの高さから5キログラムの重りを落下させても、本体が故障しないことを示している