ネットワークカメラ推進会

ご意見・ご相談はtwitter(@NetworkcameraPC )へお願いします。記載している機器の仕様および操作手順には誤りがある場合がございます。必ずメーカー公式サイトをご確認願います。

ネットワークカメラ Tapo C200の設定方法

TP Link製のネットワークカメラ Tapo C200

 

 今回は、TP Link製のネットワークカメラである『Tapo C200』を購入したので、設定方法について説明する。

 

 

 (※本記事のURLにつきましてはAmazonアソシエイトを利用しております。)

 

同梱品と形状

 

f:id:networkcamera:20200509161813j:plain

 

 まずは、開梱だ。非常に廉価な製品であるが、外箱は比較的、しっかりしている印象を受けた。

 

f:id:networkcamera:20200509162436j:plain

 

 同梱品は、カメラ本体と電源、取り付け用の台座、説明書となっていた。説明書は非常に簡易的なものとなっている。あまり親切とは言えない。

 

f:id:networkcamera:20200509162620j:plain

 

 本体の形状は写真の通りだ。思っていたよりもサイズがやや大きかったが、その分、スピーカーが大きい。廉価なネットワークカメラの場合、マイクやスピーカーの機能が弱くて使い物にならないケースもあるが、本製品のマイクとスピーカー機能は比較的、しっかりしている印象を受けた。

 

 スマートフォンを利用して遠隔地と会話することも可能だ。

 

スマートフォン用アプリケーションの設定方法

 

 まず、設定する際は無線アクセスポイントが必要であるため、WIFI環境をあらかじめ用意して欲しい。

 

 スマートフォンの設定をする場合、GooglePlayなどからアプリケーションをダウンロードする。

 

f:id:networkcamera:20200509163931j:plain

 

 『tapo』と入力し検索すると、『TP-Link Tapo』というアプリケーションが見つかるので、これをインストールする。

 

f:id:networkcamera:20200509164314j:plain

 

 『TP-Link Tapo』というアプリケーションを起動し、『サインアップ』ボタンを押下する。IDの作成画面が表示されるので、メールアドレスとパスワードを入力する。

 

f:id:networkcamera:20200509164654j:plain

 

 登録したメールアドレス宛に上記のようなメールが送られるため、『Click to Finish Registration』を押下する。

 

 サインアップが完了すると、再度、アプリケーションを起動し、メールアドレスとパスワードを入力し、『ログイン』ボタンを押下する。

 

f:id:networkcamera:20200509165048j:plain

 

 住まいの地域の選択画面で『日本』を選択する。次の画面で『+をタップしてデバイスを追加』のボタンを押下する。

 

f:id:networkcamera:20200509165335j:plain

 

 デバイスの選択画面が表示されるので、今回購入した『スマートカメラ C200』を選択する。

 

 続いて、カメラの電源を差し込み、本体が起動するまで待つ。カメラ本体のLEDが点灯し、起動したことを確認後、『次へ』を押下する。

f:id:networkcamera:20200509170242j:plain

 アンドロイド端末の場合、位置情報のアクセスについて『許可』する。

 

 あらかじめ用意しておいた無線(WIFI)のアクセスポイントのSSIDを選択し、パスワードを入力する。入力後、『次へ』を押下する。

 

 これで、無線ネットワーク内にカメラが登録された。

 

f:id:networkcamera:20200509172119j:plain

 

  続いて、カメラを設置するシチュエーションを選択する。今回は『玄関』を選択した。『次へ』を押下する。次の画面で必要に応じて、カメラの名称を変更する。

 

 カメラの登録が完了すると、画面上に登録したカメラのボタンが表示されるため、見たいカメラをタップする。

 

f:id:networkcamera:20200509172642j:plain

 ライブ映像を表示することができた!

 主な操作は以下の通りだ。

 

  •  カメラのスピーカー機能を利用する場合、『トーク』ボタンを押下する。
  •  首振り操作をしたい場合、『パン&チルト』ボタンを押下する。
  •  録画映像を再生したい場合、『再生&メモリー』ボタンを押下する。

 

 同一のWIFI環境はもちろん、外出先からも映像を確認することができる。

 画質もコンシューマー向けの製品としては必要十分である。

 

f:id:networkcamera:20200509180300j:plain

 

 Tapo C200には、モーション検知機能および通知機能も保有している。スマートフォンに対して、通知が表示されるので、通知画面をタップするとカメラの映像を表示することが可能だ。

 

f:id:networkcamera:20200509184813j:plain

 また、Tapo C200はいわゆるプリセット機能にも対応している。

 

 『位置をマーク』というボタンを押下すると、その時点の画角で位置を保存することができる。プリセットした位置に向けたい場合、『マーク』というボタンを押下し、『マークしておいた位置』をタップすると、保存していた画角に向けることができる。

 

アレクサ連携について

 

 本製品はアレクサとの連携もできるため、設定を行う。アレクサとの連携については、Tapoのアプリケーションではなく、アレクサアプリにて実施する。

 

f:id:networkcamera:20200509180816j:plain

 

 アレクサアプリのスキルの検索画面で『tapo』と入力する。『Tapo』というアプリケーションがヒットするので、『有効にして使用する』をタップする。

 

f:id:networkcamera:20200509181050j:plain

 

 先ほど作成していた『TP-LinkのID』と『パスワード』を入力し、『ログイン』ボタンを押下する。これで、アレクサとの連携を行うことができた。 

 

 また、本記事では割愛するが、アマゾンのアレクサだけではなく、Googleアシスタントと連動させることも可能だ。

 

    

 

 

まとめ

 

  •  TP-Link Tapo C200は、非常に簡単な手順で映像の閲覧が可能である
  •  コンシューマー向け製品としては、マイクやスピーカー機能の性能が比較的、良い印象を受けた
  •  インターネット環境があれば、外出先から映像を見ることもできる
  •  AmazonアレクサやGoogleアシスタントとの連携も可能である