ネットワークカメラ推進会

ご意見・ご相談はtwitter(@NetworkcameraPC )へお願いします。記載している機器の仕様および操作手順には誤りがある場合がございます。必ずメーカー公式サイトをご確認願います。

Windows10はSMBの無効化に気を付けろ!

NASタイプのレコーダーのメリット

 

 ROD社のバイオスターのようなNASタイプのレコーダーの重要なメリットの1つとして、PCからマウントして接続ができるというメリットがある。

 

 一般的なNASと同じ方法であるが、エクスプローラーで『¥¥IPアドレス¥フォルダ名』を指定すると、あたかもPC上のフォルダのようにレコーダーのフォルダと接続することができるのだ。

 

 レコーダーの録画データをドラッグ&ドロップで簡単にダウンロードしたり、バックアップを取得するなど、非常に便利な機能である。

 

f:id:networkcamera:20200222210927j:plain

f:id:networkcamera:20200222211011j:plain

 

 Win7からWin10への買い替え時には要注意

 

 このようにPCからレコーダーに対してマウントしてデータを閲覧できる機能は、非常に利便性が高いが、最近購入したPCではこれがうまくできないケースもある。

 実はWindows10の最近リリースされたバージョンではセキュリティ対策としてSMB/CIFSが無効化されているため、適切にマウントができないのだ。

 SMB/CIFSが無効化された状態では、ブラウザでは映像を閲覧することはできても、エクスプローラーからレコーダーのフォルダに接続することはできない。

 

 今回は、SMB/CIFSの機能を有効化する方法について説明する。

 

SMB/CIFSを有効化する方法

 

 まず、『コントロールパネル』を開き、『プログラムと機能』を選択する。

 

f:id:networkcamera:20200222211736j:plain

 

 『Windowsの機能の有効化または無効化』を選択する。

 

f:id:networkcamera:20200222211913j:plain

 

『□SMB 1.0/CIFS ファイル共有のサポート』のチェックボックスにチェックを入れる。また、『+』ボタンを押下し、配下のチェックボックスにもチェックを入れる。

 

f:id:networkcamera:20200222212105j:plain

 

 この作業を実施後、PCを再起動すると、設定を反映させることができる。

 Windows10ではセキュリティ対策が強化されている一方で、上記のように従来利用できていたサービスが利用できなくなるケースがあるので注意して欲しい。

 

 ほとんどの場合、上記のように無効化された機能を有効化すれば解決できるので、もし、同様のトラブルに遭った場合は、上記の方法を試してみると良いだろう。