ネットワークカメラ推進会

ご意見・ご相談はtwitter(@NetworkcameraPC )へお願いします。記載している機器の仕様および操作手順には誤りがある場合がございます。必ずメーカー公式サイトをご確認願います。

SK VMSを構築する

Ubuntu上にサーバープログラムをインストールする

 

 

 今回はシステムケイ様から試用版をお借りしたSK VMSを構築する。なお、筆者の勉強のために記事にしているが、手順については誤りがある可能性もある。正確な設定・操作手順については、システムケイ社の公式マニュアルを参照して欲しい。

 

 筆者のPCの環境であるが、Hyper-Vを利用しており、WIndows10Pro上にUbuntuを構築している。

 まず、ゲストOSのUbuntuにSK VMSのサーバープログラムをインストールし、ホストOSのWIndows10上にビューワープログラムをインストールした。

 

f:id:networkcamera:20200613223806j:plain

 

初期セットアップを行う

 

 まずは、新しいサーバーの構築を行う。WIndows10上のビューワープログラムを展開すると、以下のような表示となった。

 

f:id:networkcamera:20200613224012j:plain

 

 『新しいサーバー』をクリックして、セットアップを開始する。

 

f:id:networkcamera:20200613224229j:plain

 

 『新しいシステムをセットアップします』を押下する。

 

f:id:networkcamera:20200613224333j:plain

 

 『システム名』を入力し、『次へ』を押下する。

 

f:id:networkcamera:20200613224443j:plain

 

 管理者のパスワードを設定する。『次へ』を押下する。

 

f:id:networkcamera:20200613224622j:plain

 

 これで、新しいサーバーが構築された。

 

カメラを登録する

 

 続いて、カメラの登録作業を行う。

 

f:id:networkcamera:20200613224936j:plain

 

 設定メニューを開き、『デバイスの追加』を押下する。

 

f:id:networkcamera:20200613225301j:plain

 

  カメラのIPアドレスやパスワード情報を入力する。『検索』ボタンを押下すると、カメラのリストが表示される。追加したいカメラをすべて選択し、『すべてのデバイスを追加』を押下する。

 

f:id:networkcamera:20200613225628j:plain

 

 サーバー上にカメラが登録され、ライブ映像が表示されるようになった。

 

 

画面レイアウトを作成する

 

 続いて、画面レイアウトを作成する。SK VMSは画面レイアウトの柔軟性が非常に高い。

 

f:id:networkcamera:20200613230305j:plain

 

 左側にあるツリー上のメニューから、カメラやWEBサイトを選択し、ドラッグ&ドロップで画面上に投げ込むと、自動的に適切な分割画面が作成される。

 

f:id:networkcamera:20200613230645j:plain

 

 画面上部にあるレイアウトのタブ上で右クリックを押下し、『名前を付けてレイアウトを保存』を押下する。これで、画面のレイアウトが保存される。

 

f:id:networkcamera:20200613230937j:plain

 

 画面左側のツリー上のメニューに『新規レイアウト1』保存された。このレイアウトを呼び出したい場合、『新規レイアウト1』を画面上に投げ込むと良い。

 非常に、サクサクと動作するため快適だ。

 

まとめとして

 

 今回は、Ubuntu上にSK VMSのサーバープログラムをインストールし、ビューワープログラムをWIndows10にインストールした。

 次回は、録画の設定画面などについて確認していきたい。