ネットワークカメラ推進会

ご意見・ご相談はtwitter(@NetworkcameraPC )へお願いします。記載している機器の仕様および操作手順には誤りがある場合がございます。必ずメーカー公式サイトをご確認願います。

サーバーラックの構成について考える

ネットワークカメラとサーバーラック

 

 ネットワークカメラシステムがある程度、規模が大きくなると、19インチのサーバーラックなどに機器を収納するケースがある。収納する機器は主に、レコーダー(またはサーバー)とKVMコンソール(※)およびPoEスイッチ、UPS等である。

 

  (※)キーボード、ディスプレイ、マウスが一体となった操作用端末 

 

 サーバーラックに対して各機器を収納していくわけであるが、単に機器を並べていけばよいというわけでではない。サーバーラックへのラッキングについて、コツやポイントが存在している。今回は、サーバーラックの選定に関する基本的な考え方について説明する。

 

 なお、筆者もサーバーラックについての専門的な知識があるわけではない。今回は、ネットワークカメラシステムを導入するにあたって最低限、知っておきたいポイントのみ記載する。 

 

 

f:id:networkcamera:20191121001020j:plain

 

JIS規格とEIA規格

 

 サーバーラックの導入を考える上で、まず、基本的な知識となるのが『JIS規格』と『EIA規格』である。JIS規格とは、ざっくりと説明すると、日本の工業製品の規格である。一方で、EIA規格とは、米国基準の規格となる。

 

 現在、一般的にサーバーを格納する際に用いられる19インチラックは、EIA規格のラックである。ほとんどのサーバーやネットワーク機器はEIA規格に準拠しているので、まず、サーバーラックを導入する場合はEIA規格のモデルを選定すると良い。

 

 ただし、すでにJIS規格の防災ラックが等が導入されている場合は注意が必要だ。JIS規格とEIA規格には互換性がないため、うまく導入した機器をラッキングできない可能性がある。既存のラックにサーバー等を収納する場合は注意して欲しい。

 

 

収納する機器の位置をデザインする

 

 サーバーラックを選定する上でまず必要なことは、どの機器をどの位置にラッキングするのかを考える必要がある。

 

 機器によっては排熱性の問題で、機器と機器の間に1U以上の間隔を設けなければならないものも存在する。まずは、収納したい機器の大きさや寸法を確認しながら、ラック構成図を作成しなければならない。

 

 できるだけ重量のあるUPSを下段に配置したり、KVMコンソールを操作しやすい位置にするなどの工夫が必要だ。あまりにも、操作用のディスプレイやキーボードなどを高い位置や低い位置にしてしまうと、操作しにくくなる。

 

 また、機器をあまりにも詰めすぎるとメンテナンス性が低下し、配線がしにくくなり、機器の取り外しも困難になる。収納する機器に対してラックが小さい場合、排熱性が悪くなり、機器故障の原因となるケースもあるため、余裕のある設計が必要となる。

 

 ※なお、サーバーラックに格納する機器のデザインについては、以下のようなサイトでひな形をダウンロードできるので参考にして欲しい。

 

www.digipot.net

 

奥行きに注意する

 

 19インチラックの選定で最もミスが発生しやすいのが『奥行き』である。サーバーラックは上述の通り、横幅は決まっているが、奥行きについては規定されていない。

 

 そのため、サーバーを格納しようとした場合、ラックの奥行きが不足し、サーバーが適切に収納できないリスクがある。特に、日本国内の防災センターや警備室に設置されているサーバーラックは奥行きが浅いモデルも多く、サーバーやレコーダーを設置しようとした場合、奥行きが不足するトラブルが発生することがある。

 

 既存のサーバーラックに収納ができる小型のレコーダーを選定するか、またはサーバーラック自体を交換する必要がある。サーバーラックがチャンネルベースなどでアンカー固定されている場合、サーバーラックの交換が困難なこともあるため、注意して欲しい。

 

電源容量に注意する

 

 サーバーのサイズと同様に注意すべき点が電源容量である。サーバーラック内には、様々な機器を収納することとなるため、必然的に消費する電力は大きくなる。

 

 適切な電源容量を確保できていない場合、システムが適切に動作しないため、ラックの構成を検討する際は、サイズや位置だけではなく、必要な電力も計算しておく必要がある。収納する機器が多い場合、電源工事なども必要となるだろう。

 

 サーバールームなど、もともと十分な電源が確保された環境であれば問題ないが、一般的なオフィスの片隅にサーバーラックを追加で設置する場合など、電源容量が不足し、思わぬトラブルになるケースがあるため注意が必要だ。

 

 

f:id:networkcamera:20191121001157j:plain

 

 まとめ

  • 収納するサーバーや機器のサイズや排熱性を考慮し、ラッキングの構成を考える必要がある。
  • 既存のラックにサーバーやレコーダーを収納する場合、奥行きが不足するケースがあるため注意が必要である。
  • 多くの機器を収納すると、電源容量も大きくなる。

 

 繰り返しになるが、サーバーラックは非常に奥が深く、筆者も専門的な知識があるわけではない。上記以外にも、耐震性やセキュリティ面(鍵)、意匠性なども考慮する必要がある。これらのポイントについても別の記事にて追記していきたい。