ネットワークカメラ推進会

ご意見・ご相談はtwitter(@NetworkcameraPC )へお願いします。記載している機器の仕様および操作手順には誤りがある場合がございます。必ずメーカー公式サイトをご確認願います。

ネットワークカメラ PCの初期設定

ネットワークカメラ 閲覧用PCに設定しておきたいこと

 

 本記事では、ネットワークカメラの閲覧用PCに最低限、設定しておきたい事項について説明する。初期状態では、プリインストールされているセキュリティ対策ソフトとの相性などにより、フリーズしてしまうリスクがあるためだ。

 少しでも障害を軽減するための方法について説明したい。なお、あくまでも一例であるため、実際には、各メーカーの推奨設定の通りにして欲しい。

 

1.Windowsアップデート

 

 PCを購入した場合、まず実施しておきたいものが、Windowsアップデートだ。初期状態では、Windowsが古くバグなどがある可能性があるため、最新バージョンにしておきたい。

 

f:id:networkcamera:20200511104508j:plain

 Windowsの設定を開き、『更新とセキュリティ』を押下する。

 

f:id:networkcamera:20200511104639j:plain

 

 『更新プログラムのチェック』を押下し、最新の更新プログラムをダウンロード後、インストールする。

 

2.各種ドライバーのバージョンアップ

 

 Windowsアップデート完了後は、念のため、各種ドライバーのバージョンアップも推奨したい。特に、グラフィックス関連のドライバーは最新にしておくと良いだろう。

 

f:id:networkcamera:20200511104959j:plain

 

Windowsの検索画面で『デバイスマネージャー』と入力し、設定画面を開く。

 

f:id:networkcamera:20200511105241j:plain

 

 『ディスプレイアダプター』より、グラフィックスのドライバー上で右クリックし、『ドライバーの更新』ボタンを押下する。最新版を自動検索し、ダウンロードして欲しい。

 

3.セキュリティ対策ソフトのアンインストール

 

 アンチウィルスソフトなどがインストールされている場合、ネットワークカメラのアプリケーションとの相性問題により、障害が発生するリスクが高い。アンインストールしておくことを推奨する。セキュリティ対策上、アンインストールできない場合も、最低でも、検閲の除外設定を入れて欲しい。

 

f:id:networkcamera:20200511105741j:plain

 

 Windowsの検索画面より『プログラムの追加と削除』を起動する。

 

f:id:networkcamera:20200511110008j:plain

 

 アンチウィルスソフトを選択し、『アンインストール』を押下する。その他、PCにプリインストールされている『省エネ対策ソフト』や『セキュリティ関連ソフト』がある場合、できる限り、アンインストールしておくことを推奨する。

 

4.Windowsディフェンダーの無効化

 

 アンチウィルスソフトをアンインストールした場合も、Windowsディフェンダーは有効となっていることもあるため、これを無効化していく。

 

f:id:networkcamera:20200511110431j:plain

 

 Windowsの検索画面にて、『Windows セキュリティの設定』と入力し、設定画面を開く。

 

f:id:networkcamera:20200511112645j:plain

 

 リアルタイム保護などをすべて『オフ』に切り替える。

 

f:id:networkcamera:20200511115118j:plain

 

 WIndowsファイアウォールも念のため、無効化しておくと良いだろう。

 

5.信頼済サイトへの登録

 

 ネットワークカメラやレコーダーのIPアドレスは信頼済サイトに登録しておいたほうが、無難だ。

 

f:id:networkcamera:20200511115543j:plain

 

 IEのインターネットオプションより『セキュリティ』タブを押下し、信頼済サイトに対して、カメラやレコーダーのIPアドレスを追加していく。

 

 6.ユーザーアカウント制御の解除

 

 ユーザーアカウント制御の解除を推奨しているメーカーもあるため、設定を行う。

 

f:id:networkcamera:20200511115950j:plain

 

 WIndowsの検索画面に『UAC』と入力し、ユーザーアカウント制御設定の変更画面を開く。

 

f:id:networkcamera:20200511120214j:plain

 

 バーを『通知しない』に移動し、OKボタンを押下する。

 

7.電源プランの設定

 

 ネットワークカメラのライブ映像を閲覧している途中で、画面が消えないようにスリープモードも解除したい。

 

f:id:networkcamera:20200511122050j:plain


 Windowsの設定画面で『電源とスリープの設定』と入力し、設定画面を開く。

 

f:id:networkcamera:20200511122733j:plain

 

 ディスプレイが切れるタイミングとスリープに入るタイミングについて、プルダウンメニューで『なし』に切り替える。

 

 ※この際、PCに省エネ対策ソフトなどがプリインストールされていると、うまく設定できない可能性があるため、省エネ対策ソフトは事前にアンインストールしておきたい。

 

 また、余力があれば、USBの省エネ設定も解除しておきたい。具体的には、USBセレクティブサスペンドをオフにする。

 

f:id:networkcamera:20200511124858j:plain

 

 『電源の追加設定』ボタンを押下する。

 

f:id:networkcamera:20200511123222j:plain

 

  『プラン設定の変更』ボタンを押下する。

 

f:id:networkcamera:20200511123357j:plain

 

 『詳細な電源設定の変更』ボタンを押下する。USB設定の中の『USBセレクティブサスペンド』を『無効』に設定する。

 また、外付けHDDを利用している場合は、『次の時間が経過後、ハードディスクの電源を切る』についても、『なし』に設定する。

 

 8.自動的なPCの再起動

 

 また、必要に応じてPCが自動的に再起動するように設定しておくと良いだろう。PCを常時起動していると、どうしても不安定になってしまうことがある。1日1回程度の再起動を行うように設定すると、PCが安定する場合がある。

 

f:id:networkcamera:20200511130014j:plain

 

 Windowsの検索画面で『タスクスケジューラ』と入力する。

 実際の設定方法については、以下のURLにまとめているので参照して欲しい。

 

www.networkcamera.work

 

 まとめとして

 

 セキュリティ対策ソフトのアンインストールおよび電源プランの設定などを行うことで、PCを比較的、安定稼働させることができる。

 PCのフリーズに悩んでいるユーザーがいれば、上記の方法を試してみて欲しい。