ネットワークカメラ推進会

ご意見・ご相談はtwitter(@NetworkcameraPC )へお願いします。記載している機器の仕様および操作手順には誤りがある場合がございます。必ずメーカー公式サイトをご確認願います。

Windowsか?Linuxか?

録画媒体のOSは主に2種類

 

 あくまでもこの記事はざっくりとイメージを理解頂きたいために、簡素化して説明する。例外もあることを前提にして欲しい。

 

 録画媒体(レコーダーや録画サーバー)のOSは、WindowsをベースとしたシステムとLinuxなどをカスタマイズした独自OSのシステムの2種類に分かれる。

 

 つまり、WindowsのサーバーOSやWindows10にインストールするソフトウェアタイプのものと、独自のユーザーインターフェースを保有したレコーダー専用機である。

 

 例えば、筆者が度々紹介しているアクシスカメラステーションやVIVOTEKのVAST2はWindowsをベースとしたシステムである。一方で、ROD社のViostorシリーズやシステムケイ社のNVR-200シリーズは専用機と言える。

 

 それぞれにメリットとデメリットがあるので説明していきたい。

 

f:id:networkcamera:20200112230027j:plain

 

Windowsをベースとするシステムのメリット・デメリット

 

 Windowsをベースとするシステムのメリットは、汎用性の高さである。Windowsの設定や操作に詳しいユーザーであれば、OSの設定を柔軟に変更することが可能だ。録画ソフトをインストールする筐体(サーバーやPC)も比較的、自由に選択することが出来る。

 

 あくまでもユーザーの責任において実施する必要があるが、例えば、録画ソフトウェアとは別に死活監視用のソフトウェアをインストールしたり、UPSやバックアップのソフトウェアを追加することも可能だ。何かと柔軟であることがメリットである。

 

 不具合の原因となる可能性があるため、決しておススメはしないが、極端なことを言ってしまえば、日常、業務で利用しているワードやエクセルがインストールされたPCにも録画ソフトをインストールできないことはないのだ。

 

 一方で、デメリットも存在する。柔軟であるが故に、ユーザー自身で管理しなければならない点が多いことである。例えば、Windowsの脆弱性やバグの問題だ。どうしてもWindowsOSはサイバー攻撃(不正なプログラムへの感染など)を受けるリスクが高くなる。マルウェア対策のソフトウェアをインストールしたり、必要に応じてOSの更新を行わなければならない。

 ネットワークカメラとマルウェア対策ソフトは度々、相性が悪いケースもあるので、インストール時には注意が必要だ。

 

 また、一例として挙げるが『定期的な再起動の設定』なども、手間がかかる。タスクスケジューラで再起動の設定を入れた後、Windowsの自動ログインの設定をしなければならない。自動ログインの設定後は、スタートアップに録画ソフトウェアを追加する必要もあるだろう。

 自由であるが故に、Windowsに対する基本的な知識が必要となるのだ。

 

f:id:networkcamera:20200112225337j:plain

 

専用OSをベースとするシステムのメリット・デメリット

 

  一方、Windowsがベースではないレコーダー専用機もメリットとデメリットが存在する。筆者の認識では、Linuxをベースとして、カスタマイズした独自OSのモデルが多いように感じている。

 

 レコーダー専用機のメリットは、ユーザーの手間が少ないことである。例えば、先ほど紹介した【レコーダーの定期的な再起動】の設定である。以下は、システムケイ社のNVR-200シリーズの再起動の設定方法であるが、時刻を指定することで簡単に設定を完了することが可能だ。

 システムの脆弱性やバグの修正についても、各メーカーが判断し、ファームウェアをリリースするので、ユーザー自身でOSのメンテナンスを考える必要はない。

 

 一方で、デメリットも存在する。それは自由度が低いことである。ユーザーが好きな汎用ソフトウェアをインストールすることは、原則としてできない。

 

 例えば、UPSやバックアップソフトウェアもレコーダーメーカーで指定されたものがあり、汎用のプログラムを利用することはできない。レコーダーの仕様を超えて何らかの設定を行うことはできないのだ。 

 

f:id:networkcamera:20200112224930j:plain

 

 どちらが良い・悪いということはない

 

 Windowsベースの録画ソフトウェアも、レコーダー専用機もどちらが良いというわけではない。

 

 どちらにもメリットとデメリットが存在しているのだ。

 

 あくまでも筆者の個人的な考え方であるが、ユーザー自身である程度、ハードウェアやソフトウエアの管理をしていきたい方は、Windowsベースのシステムの方が扱いやすいだろう。

 

 一方で、自身では管理することができず、メーカーやベンダーに運用を任せたい場合などは、レコーダー専用機の方が扱いやすいだろう。

 

 どちらかを選択した場合も、決してメンテナンスしなくてもよいというわけではなく、最低限の設定方法や操作方法はユーザーも理解しておく必要がある。

 

 しかし、導入時には、検討しているレコーダーがWindowsをベースとするモデルなのか、それとも独自OSのモデルなのか知っておく必要があるだろう。