ネットワークカメラ推進会

ご意見・ご相談はtwitter(@NetworkcameraPC )へお願いします。記載している機器の仕様および操作手順には誤りがある場合がございます。必ずメーカー公式サイトをご確認願います。

PTZ(首振り)操作の優先順位

ネットワークカメラには権限という概念がある

 

 ネットワークカメラとアナログカメラシステムの違いは様々なものがあるが、一つの違いとして『ネットワークカメラは権限という概念』を保有していることがある。

 

 つまり、管理者権限のAさんは『設定変更』『首振り操作』『音声受信』『映像の閲覧』のすべての操作が可能であるのに対して、

 

 一般権限のBさんは『映像の閲覧』しかできないという設定が可能であるのだ。

 

f:id:networkcamera:20200227204503j:plain

 

挙動はカメラの機種や組み合わせによって異なる

 

 それでは、いま、管理者のAさんが『設定変更』『首振り操作』『音声受信』『映像の閲覧』の権限を保有しており、

 

Bさんが『首振り操作』『映像の閲覧』の権限だけを保有していたと仮定する。

 

 Aさんが首振り操作をしている時に、Bさんが同じく首振り操作を行おうとした場合、カメラは、どちらの命令を優先するだろうか?

 

 結論から申し上げると、ネットワークカメラには共通のルールは存在しない。ネットワークカメラのメーカーや機種毎に挙動は異なるのだ。

 

 また、この権限という概念はカメラだけではなく、レコーダーや録画ソフトウェアにも存在するため、どのような挙動をするのかはカメラとレコーダーの組み合わせによっても異なるのだ。

 

 主な挙動のパターンは以下の通りだ。

 

より強力な権限を優先するパターン

 

 パターン1はAさんが首振り操作をしている間は、Bさんは首振り操作ができず、排他制御を受けるような挙動である。

 

 もし、逆にBさんが首振り操作をしている最中に、より権限の強いAさんが首振り操作をしようとすると、Bさんの操作権はAさんに譲渡され、Aさんの操作権限が優先されるパターンである。BさんはAさんの首振り操作が終わるまで待たなければならない。

 

f:id:networkcamera:20200227204845j:plain 

後取り優先パターン

 

 パターン2は権限の強さに関係なく、後から操作したヒトを優先する挙動である。管理者のAさんが首振り操作をしている間に、Bさんが首振り操作しようとすると、後から操作しようとしたBさんが優先される。

 

 Aさんは一時的に操作権限をBさんに奪われてしまうが、またAさんがカメラを操作しようとするとAさんに操作権限が戻る。

 

 常に後から操作しようとしたヒトを優先するパターンである。操作権限の奪い合いというか、そもそも権限に優先順位を付けておらず、排他制御を行わない。

 

f:id:networkcamera:20200227205010j:plain



 

待ちの時間を作るパターン

 

 パターン3は、操作が終わるまで【待ちの時間】を作る挙動である。

 

 Aさんが操作をしている最中に、Bさんが操作しようとすると、Aさんに対して『例えば60秒』というタイムリミットが与えられ、その時間が経過すると、Bさんに操作権限が譲渡されるパターンである。

 

 操作権限の奪い合いには違いないが、すぐに奪い合うのではなく、タイムリミットを与えて順番に権限を付与するのである。

 

 自動車の信号のようなイメージだ。赤信号では操作できないが、少し待つと青信号に変わり、操作できるようになる。

 

f:id:networkcamera:20200227205251j:plain

 

同一権限の場合の挙動

 

 ネットワークカメラのややこしい点が、同一の権限を保有するユーザーを複数作成することができるという点である。

 

 例えば、管理者権限のAさんと同様に、管理者権限のCさんを作ることもできるのだ。

 

 Aさんが操作をしている最中に、Cさんが操作しようとすることもある。この際の挙動についても、ネットワークカメラにおける決まったルールは存在せず、メーカーや機種によって挙動は異なる。

 

 実は、どのような挙動をするのか、きちんとマニュアルに書いていてくれればいいのだが、残念ながら記載がないケースも多い。

 

 『検証しなければわからない』ということも、往々にして存在するのだ。

 

まとめ

 

 *ネットワークカメラには権限という概念が存在している。

 

 *各権限に対してカメラがどのような挙動になるのかは、各メーカーや機種ごとに異なる。

 

 *同一権限で接続すると、どちらが操作権限を保有するのか分かりにくくなる。PTZ操作(首振り)を行う権限を保有する担当者は1名に限定した方が運用上は分かりやすい。