ネットワークカメラ推進会

ご意見・ご相談はtwitter(@NetworkcameraPC )へお願いします。記載している機器の仕様および操作手順には誤りがある場合がございます。必ずメーカー公式サイトをご確認願います。

実は結構、重要なホワイトバランス

色温度とは何か?

 この記事をご覧いただいている皆様であれば、「ホワイトバランス」や「色温度」については、ある程度、理解されている方も多いかと思うが、改めて説明しておく。

 

 色温度とは、光源が発する光の色を示したものである。例えば、居酒屋やレストランなどでは蛍光灯ではなく、暖色系のオレンジや黄色に近い光源が用いられることが多い。一方で、一般的な事務所の場合、昼光色と呼ばれる青色に近い蛍光灯などが用いられる。

 ※Wikipediaの画像のURLを貼り付けしておく。

 

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/0/0e/Color_temperature.svg

 

 カメラを設置する場合、設定項目のなかに「ホワイトバランス」と記載されたものがある。基本的には<オート(自動設定)>を選択しておけばよいが、設置環境によっては、手動で適切な設定項目を選択する必要となることがある。

 

 肉眼では、暖色か青色か気づきにくい場合もあるが、カメラで撮影した場合、この影響を大きく受けることがあるため注意したい。

 具体的なサンプル画像をご覧いただこう。

 

部屋のライトを青色にしてみる

 

 筆者の部屋のライトは、色温度の調整が可能である。リモコンで、青色に近い光源に変化させてみた。

 

f:id:networkcamera:20190506020644j:plain

 

 カメラのホワイトバランスの設定が「自動」の場合、かなり青く見えるだろう。実際に肉眼で壁を見た場合は、ここまで青くは見えないのであるが、カメラを通して見るとかなり青く感じてしまう。

 被写体を適切に撮影したい場合、これでは正確な色が判別できないため望ましくない。

 

 

 

 

f:id:networkcamera:20190506021622j:plain

 

 筆者は、「ここでホワイトバランスを自動ではなく手動で調整したところ、適切な表示になった」という内容の記事を書きたかったのであるが、・・・・・なんとここで良くも悪くも思わぬ事態が発生してしまった。

 

 カメラの性能が向上しているのか、自動のままでも勝手に<良い感じの映像>になった。カメラがうまい具合に自動で補正をかけたのである。

 

 

 

 

f:id:networkcamera:20190506022459j:plain

 

 ちなみに、<蛍光灯2>を選択すると、より青く映るようになってしまった。

 

 

部屋のライトをオレンジ色にしてみる

 

 続いて、部屋を暖色系に変化させてみた。

 

 

f:id:networkcamera:20190506023037j:plain

 

 本来の筆者の意図では、「自動だとやっぱりオレンジ色に映ってしまうので、手動での設定が必要となることもある」との記事を書きたかったのであるが・・・・・ここでもやはりホワイトバランスは<自動のまま>でも良い感じの映像になった。

 

 

 

 

f:id:networkcamera:20190506023312j:plain

 

 ちなみに、あえて設定を<屋外2>に変更すると、上記のようなオレンジ色の映像になった。

 

まとめ

  本来は、設定が自動(オート)だと限界があるとの内容を書きたかったのであるが、良くも悪くも、自動設定で充分に補正ができてしまった。

 

 もし、ユーザーが実際にカメラを設置してみて、青っぽく感じたり赤っぽく感じたりした場合は、ホワイトバランスを調整すると適切な(実物に近い)映像に調整することができるので参考にして欲しい。