ネットワークカメラ推進会

ご意見・ご相談はtwitter(@NetworkcameraPC )へお願いします。記載している機器の仕様および操作手順には誤りがある場合がございます。必ずメーカー公式サイトをご確認願います。

ネットワークカメラ 昼と夜ではどちらが映像が大きいか?

ネットワークカメラは被写体により録画容量が変化する

 

 ネットワークカメラは、一般的に、映像によって録画容量が大きくなったり、小さくなったりすると言われている。基本的には『動きが激しい(映像の変化が大きい)』被写体ほど、映像がより重たくなる。

 

 それでは、昼(明るい場所)と夜(暗い場所)ではどちらが映像が重たるなるのだろうか?

 

 今回、検証を実施したので紹介したい。なお、あくまでも1つの検証結果であって、必ずしも同様の結果にはならないことはご留意頂きたい。設置環境によっては異なる結果となることもある。

 

検証結果として

 

 筆者が検証した結果から述べると、以下の通りとなった。

 

  暗い場所(赤外線なし) > 明るい場所 > 暗い場所(赤外線あり)

 

昼間のように明るい場所

 

f:id:networkcamera:20200509213429j:plain

 

 明るい場所でのネットワーク帯域は、おおよそ【600Kbit/毎秒】となった。

 

暗い場所で赤外線を利用しない場合

 

f:id:networkcamera:20200509213650j:plain

 

 暗い場所で赤外線投射を行わない場合、おおよそ【750Kbit/毎秒】となった。暗くてノイズが多いため、映像の変化量が大きくなり、やや重たくなったものと想定される。

 

暗い場所で赤外線を利用した場合

 

f:id:networkcamera:20200509213851j:plain


 暗い場所で赤外線投射を行った場合、おおよそ【150Kbit/毎秒】となった。赤外線投射を行ったことにより、ノイズがほとんどなくなった。また、モノクロの映像となり、色の変化がなくなったため、映像が軽くなったものと想定される。

 

まとめ

 

  •  ネットワークカメラの映像は、動きの変化量に応じて重たくなる。
  •  夜間にノイズが発生すると、映像が重たくなることがある。
  •  赤外線を投射することでノイズを抑えると、映像を軽くなることがある。