ネットワークカメラ推進会

ご意見・ご相談はtwitter(@NetworkcameraPC )へお願いします。記載している機器の仕様および操作手順には誤りがある場合がございます。必ずメーカー公式サイトをご確認願います。

AXISのファームウェアについて

複数のファームウェアが公開されている

 

 アクシスコミュニケーションズ社の公式サイトに接続すると、1つの機種に対して2~3種類のファームウェアが公開されている。例えば、以下のようなイメージだ。

 

 『LTS版』と『アクティブ版』の2種類が公開されている。今回は、この2種類の違いについて説明したい。

 

www.axis.com

 

 

『LTS版』と『アクティブ版の違い』について

 

 LTS版とは、長期サポート用のファームウェアである。主なファームウェアの改修内容は【セキュリティ対策や安定性の向上】である。

 一方で、アクティブ版はセキュリティ対策や安定性の向上だけでなく、【何らかの機能追加】を行ったファームウェアである。

 

 ※特に追加機能が必要でない場合や他のシステムとの連動・連携を行っている場合は、LTS版をインストールするべきである。

 

ファームウェアのバージョンの見方について

 

 アクシスのファームウェアについては、その数値を見ると、おおよそのリリース時期やバージョンを理解できるようになっている。

 

 例えば、【7.10.1.2】というファームウェアがあったとする。

 

 この場合、最初の1文字目の『7』がリリースされた年を表現している。上記の場合、2017年にリリースされたということが分かる。同様に【8.X.X.X】の場合は、2018年にリリースされたということであり、【9.X.X.X】場合は、2019年にリリースされたということである。

 

 2文字目の『10』という文字は、ざっくりと説明するとベースとなるプログラムを改修した回数である。【X.10.X.X】場合は、1回目のベースで、【X.20.X.X】場合は2回目のベースということである。

 また、中には【X.15.X.X】のように【X5】というファームウェアも存在している。これはイメージとしては、【X.10.X.X】の<枝葉>として開発されたものと理解いただけると分かりやすいかと思う。

 

 3つ目の文字の『1』はメジャーバージョンアップの回数であり、4つ目の文字の『2』はマイナーバージョンアップの回数である。

 

 よって、【7.10.1.2】というファームウェアは、2017年にリリースされたファームウェアで、2回目のマイナーバージョンアップがあった…ということが想定される。

 

 なお、上記は分かりやすいようにイメージで記載しているため、正確な情報についてはメーカーサイトをご覧いただきたい。

 

www.axis.com

 

バージョンアップの方法

 

 アクシスコミュニケーションズ製のバージョンアップの方法は様々な方法があるが、最もシンプルなものは、ブラウザから「ファームウェアのプログラム(binファイル)をアップロード」する方法である。

 

 まず、メーカーのホームページから必要な<binファイル>をダウンロードしておく。

 

f:id:networkcamera:20191007132857j:plain

 

 

 ブラウザでカメラに接続し、設定画面を開く。『システム』→『メンテナンス』の順でクリックする。

 

 『1.ファームウェアの選択』より、先ほど、ダウンロードしておいた<binファイル>を参照し、選択する。

 『2.ファームウェアをインストール』の<アップグレード>ボタンを押下し、binファイルをカメラ本体へインストールする。 

f:id:networkcamera:20191007133628j:plain

 

 ファームウェアの更新作業には時間がかかるが、終了までじっと待つことを推奨したい。また、途中でカメラの電源が切れてしまうなどの障害が起きた場合、適切にファームウェアを適用できなくなるリスクがあるので注意が必要だ。

 

まとめ

 

 *アクシスコミュニケーションズのカメラには「LTS版」と「アクティブ版」の2種類があるが、新しい機能が不要な場合は「LTS版」を選択する。

 

 *ファームウェアの数字を見ると、ある程度、リリースされた時期や種類などを想定できる。

 

 *ブラウザから<binファイル>をアップロードすることで、ファームウェアを更新することができる。