ネットワークカメラ推進会

ご意見・ご相談はtwitter(@NetworkcameraPC )へお願いします。記載している機器の仕様および操作手順には誤りがある場合がございます。必ずメーカー公式サイトをご確認願います。

EIZO社のIPモニターソリューション

ネットワークカメラの弱点!?

 

 ネットワークカメラの弱点と言っていいかもしれないが、ネットワークカメラの映像をモニタに表示させる場合、基本的には、PCやレコーダー、デコーダーなどの表示装置が必要となる。

 

 ネットワークカメラのLANケーブルをモニタに差し込んだとしても、映像をダイレクトに表示することはできないのだ。アナログカメラの場合、カメラ用のケーブルをそのままモニタに結線することもあるかもしれないが、ネットワークカメラにおいては、モニタに直接、ケーブルを差し込むことはできない。

 

 

f:id:networkcamera:20200502002121j:plain

 ※上記の図でPoE HUBは省略しているので注意して欲しい。

 

EIZO FDF2304W-IPはカメラをモニタに直結できる

 

 上述の通り、“一般的には” カメラの映像をダイレクトにモニタに表示させることはできない。しかし、EIZO社のFDF2304W-IPを利用すると、カメラの映像をダイレクトにモニタ表示することが可能だ。

 モニタにはLANケーブル1本を差し込めばよい。表示できるカメラとして、10社250機種以上のカメラに対応している。分割表示ができほか、リモコン操作ができるため、非常に直観的に映像を確認することができる。

 

 

 

f:id:networkcamera:20200502003025j:plain

 ※上記の図でPoE HUBは省略しているので注意して欲しい。

 

www.eizo.co.jp

 


IPモニターソリューション説明動画

 

 従来は、モニタをレコーダーから離れた場所に壁掛け設置などを行う場合、エクステンダーと呼ばれる映像の延長装置を利用したり、表示用装置をモニタの配下に設置する必要があった。

 

 しかし、EIZO社のIPモニターソリューションを利用すると、そのような余計な装置は不要だ。モニタ1枚で、カメラの映像を表示させることができるのである。

 

 ライブ映像だけを閲覧したいユーザーで、表示用の装置などを設置するスペースがないユーザーは、本製品を検討してみてはいかがだろうか?