ネットワークカメラ推進会

ご意見・ご相談はtwitter(@NetworkcameraPC )へお願いします。記載している機器の仕様および操作手順には誤りがある場合がございます。必ずメーカー公式サイトをご確認願います。

AXIS Loitering Guard(徘徊検知)をインストールする

AXIS Guard Suiteが無償提供されることとなった

 

 これまで上位モデルのAXIS Qシリーズのみ利用することができたAXIS Guard Suiteが、P,M,FAシリーズでも無償でダウンロードできるようになった。AXIS Guard Suiteは【AXIS Fence Guard(侵入検知)】【AXIS Motion Guard(スマート動体検知) 】【AXIS Loitering Guard(徘徊検知)】を含む。

 

www.axis.com

 

 今回は、この中でも【AXIS Loitering Guard(徘徊検知) 】をインストールすることとする。AXIS Loitering Guard(徘徊検知) とは、被写体があるエリアに一定の時間以上、留まった場合に、これを検知する仕組みである。

 

 翻訳上は徘徊となっているが、『うろつきの検知』と言ったほうが近いかもしれない。

 

AXIS Loitering Guard(徘徊検知)のインストール方法

 

 カメラにアプリケーションをインストールする方法について説明する。なお、筆者も独学であることはご理解いただきたい。

 

f:id:networkcamera:20200507232124j:plain

 

 まずは、以下のURLよりアプリケーションのファイルをダウンロードする。

 

www.axis.com

 

f:id:networkcamera:20200507230326j:plain

 

 インストールするカメラの機種を選択する。『AXIS_LoiteringGuard_X_X_X_M1065-L.eap』というファイルがダウンロードできる。 

 

f:id:networkcamera:20200507231210j:plain

 

 カメラの設定画面を開き、『アプリ』を押下する。続けて、『+追加』ボタンを押下する。 

 

 f:id:networkcamera:20200507231403j:plain

 

 『参照』ボタンを押下し、先ほどダウンロードした『AXIS_LoiteringGuard_X_X_X_M1065-L.eap』を選択し、インストールする。

 

f:id:networkcamera:20200507233432j:plain

 

 映像上で、検知範囲としたいエリアを黄色い枠で設定する。また、検知の条件として、何秒経過すると検知対象とするかを決定する。デフォルトでは、120秒となっているが、今回はわかりやすいように10秒で設定する。

 

f:id:networkcamera:20200507233902j:plain

 

  通常のモーション検知では、被写体が設定した検知対象のエリアに入ったら、すぐに検知するのに対して、AXIS Loitering Guard(徘徊検知)では、すぐに検知するわけではない。例えば、検知までの時間を10秒で設定していると、理論上は、9秒以内であれば検知することはない。10秒以上、エリアに物体が入っていると、検知することとなる。

 

f:id:networkcamera:20200507234208j:plain

 

 実際に10秒以上経過すると、検知することができた。このように、通常の動体検知とは違って、『検知するまでの時間』を設定できることが特徴である。

 

 デフォルトでは120秒となっているが、最長で360秒まで設定することが可能だ。

 

 

 このように一定程度の時間、特定の場所に止まった場合に検知するような仕組みが必要なケースでは、本アプリケーションを活用すると良いだろう。