ネットワークカメラ推進会

ご意見・ご相談はtwitter(@NetworkcameraPC )へお願いします。記載している機器の仕様および操作手順には誤りがある場合がございます。必ずメーカー公式サイトをご確認願います。

コスパ最強!AXIS M2025-LEの衝撃!

あくまでも筆者の個人的な考えであるが「ここ数年でコストパフォーマンスが優れた商品は何か?」と聞かれれば、まず、AXISのM2025-LEを答える。

 

AXIS M2025-LEの主なスペック

   *⽔平画⾓: 115度 垂直画⾓: 64度

   *最低照度:カラー 0.2ルクス 、モノクロ 0.04ルクス  ※50IRE

   *⾚外線照明:最大15m

   *解像度:1920x1080〜160x90 ※約210万画素(フルハイビジョン)

   *Zipstreamテクノロジーによるデータの圧縮

   *WDR-フォレンジックキャプチャー: 最⼤115dB

   *IP66(防塵防水)対応

     ※軒下ではなく、屋外環境にも設置可能

   *動作条件 -30 °C〜50 °C

 

※WEBの通販サイトで価格を確認したところ、最安のサイトで5万円程度となっていた。

これだけの性能を保有しているにもかかわらず、この金額感で購入できることは驚異的である。

https://www.axis.com/jp/ja/products/axis-m2025-le

 

 

他社製品との比較について

*他社製品の批判をすることはリスクがあるため、あまり望ましくないのだが、あえて他メーカーの製品と比較して考えてみる。なお、18年2月4日時点の情報である。また、比較項目も筆者の偏った見方があることをご理解いただきたい。

<①パナソニックBBシリーズとの比較>

 

●M2025-LEと比較した場合のデメリット

*解像度:メガピクセル(130万画素)が中心でフルハイビジョンには対応していない

*軒下までの設置を推奨しており、完全な屋外環境への設置は推奨していない

*赤外線投光機能を保有していない

*水平画角が広いものでも95度までとなっている

●M2025-LEと比較した場合のメリット

*モデルによってはPTZ(首振りやズーム)機能が付いている

*内臓マイクを保有しているモデルがある

*日本語マニュアルなどのサポート面が充実している

https://sol.panasonic.biz/security/netwkcam/lineup/

 

<②ソニー SNC-EB602Rとの比較>  

 ※上記製品はM2025-LEの同等品ではない可能性が高いが、屋外用のボックス型カメラでは比較対象とする製品がわからないため、SNC-EB602Rで比較した。

●M2025-LEと比較した場合のデメリット

*解像度:メガピクセル(130万画素)のため、フルハイビジョンには対応していない

*標準価格:100,000円(税抜)と金額が比較的高い

*水平画角:92.9度までとなっている ※垂直画角は未記載のため不明

●M2025-LEと比較した場合のメリット

*低照度性能に優れている (50IRE時 0.05ルクス)

 *赤外線投光距離が長い (40m ※30IRE時)

  ※実機で比較しているわけではないが、仕様上は暗い場所での撮影についてはSNC-EB602Rの方がアドバンテージがあるのではないかと推測される。

http://www.sony.jp/snc/products/SNC-EB602R/spec.html



<③キヤノン VB-S800VEとの比較>

 ※上記製品はドーム型カメラであり、ボックス型ではないが、比較対象とする製品がわからなかったため、VB-S800VEと比較した。



●M2025-LEと比較した場合のデメリット

*軒下までの設置を推奨しており、完全な屋外環境への設置は推奨していない

*赤外線投光機能を保有していない

*水平画角:93.8°度 垂直画角 : 58.7度までとなっている

●M2025-LEと比較した場合のメリット

*内臓マイクを保有している

*日本語マニュアルなどのサポート面が充実している

http://cweb.canon.jp/webview/lineup/vbs30ve-s800ve/spec.html

 

<④ハイクビジョン DS-2CD2022WD-Iとの比較>

 

●M2025-LEと比較した場合のデメリット

*水平画角:90度までとなっている ※垂直画角は未記載のため不明

●M2025-LEと比較した場合のメリット

*赤外線投射距離が30m程度と、長い可能性がある

※あくまでの筆者の個人的な意見であるが、可能性と強調したのは、中国メーカーはカタログスペックを比較的、高く記載しているケースが多いため、実際には実機での比較検証が必要であるためである。

http://www.security-d.com/hikvision/hiwatch.html





●筆者の感想として

 

*今回、AXISのM2025-LEと国内の主要なネットワークカメラメーカーと比較したところ、やはりカタログ上のスペックとしては、M2025-LEのほうが安価で性能が高かった。

さすがに、中国メーカーと比較した場合は、価格やスペックの差はほとんど見られなかったが、逆にいうと、中国メーカーと同等のコストパフォーマンスを実現しているところが素晴らしいと言える。

屋外用のカメラで、コストパフォーマンスを重視したいユーザーはぜひ、AXIS M2025-LEの導入を検討して欲しい。

なお、上位モデルとして、AXIS M2026-LE MkⅡというモデルもあり、こちらは、H.265にも対応している。水平画角も130度とかなり広い。筆者が個人的に欲しい商品の1つである。